フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 子役アイドルの書いた「反原発」ブログが話題 | トップページ | 送別会 »

2011年3月26日 (土)

「偽善エネルギー」 武田邦彦

以前にも書いたが、出張時、bullettrainの行き来の時間を利用して、新書一冊を読むようにしてい

る。原発事故に感化され、代替エネルギーの現状を知りたくて選んだのが、この本。

Photo

関西以西でやっている「たかじんのそこまで言って委員会」に出演しては、エコロジー問

題について、特異な意見を述べられる、武田邦彦先生の著書である。Wikipediaを見ると、

結構、他の科学者からの反論もあるようなので、全部を鵜呑みにはできないものの、いく

つか、勉強になったことがある。

まず、クリーンな代替エネルギーと言われる、風力、太陽光、バイオエネルギーなどは、ど

れも、十分なエネルギー供給を期待できるものではないということ。さらに、決してクリ

ーンという訳でなく、他の環境を破壊する要素も多々ある

次に、石油はいくら電気を節約しても、その消費を食い止めることは難しいということ。石

油からの電力供給は今の日本では、10%そこそこで、石油から作っているもの(化学製

品、工業製品、医薬品など)を別の材料から作れるようにしないと節約は困

さらに、今回の事故の予言ともとれる「日本の原発は安全な装置ではあるが、地震が来

るとどうなるかは分からない」ということである。残念ながら、その通りになってしまった。

結局、我々には、エネルギーを大量生産できる想定外の技術革新が起こることを期待

するより他、なさそうである。それには、国家も、理科系の優秀な科学者、技術者を育て

ことに、もっとお金をかけるべきであろう。海外に2兆ドルも純資産を持って円高で目減

りする位なら、その一部を、人材育成にまわすべきである

« 子役アイドルの書いた「反原発」ブログが話題 | トップページ | 送別会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/39369807

この記事へのトラックバック一覧です: 「偽善エネルギー」 武田邦彦:

« 子役アイドルの書いた「反原発」ブログが話題 | トップページ | 送別会 »