フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 3月20日のメロンパン | トップページ | 3月21日のパン »

2011年3月20日 (日)

「津波災害」-減災社会を築く

恥ずかしながら、今回の震災が起こるまでは、津波というのは、地震や台風と比べて、

我々にとって、縁の遠いものだと思っていた。しかし、私だけでなく、2010年2月27日に

起こったチリ沖地震(マグニチュード8.8)の津波でも、日本で168万人の住民を対象に、避

難指示・勧告が出されたものの、実際に避難した人は、3.8%しかいなかったらしい。大

体、当日、東京湾にも警報が出ていたのに、予定通り、東京マラソンが行われていたく

らいであるのだからゆゆしき事態である(・_・)エッ....?。今回の震災での死者の大半は

津波によるものであり、一因として、津波災害を軽く見ていた人が多かったこともある

ようだ

Photo_3

まるで、3ヶ月後を予言していたかのごとくタイミングで、昨年12月に岩波新書より出版さ

れた。著者は現在、関西大学社会安全学部長・教授、 阪神淡路大震災記念 人と防災

未来センター長をされている河田惠昭先生である。読んでみて、津波が他の災害と比べ

て、いかに広範囲に被害を与え、一方、早く避難さえしておけば、大半の人命が救われ

のかを思い知らされた。よく、考えると、日本って、四方を海に囲まれて、大きなプレート

の境目に位置する、世界有数の津波大国なのである。今まで、たまたま長期間、大きな

津波が起こっていなかっただけのようだ。

やはり、普段から、津波についての災害教育を大人から子供に至るまで、きっちりやって

おくべきだと考えさせられた。日ごろ、あまり、災害時のことを真面目に考えたことがなか

ったことから、今回の震災では、非常に反省させられた。think

« 3月20日のメロンパン | トップページ | 3月21日のパン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/39302293

この記事へのトラックバック一覧です: 「津波災害」-減災社会を築く:

» 東日本大震災から1年(2010年チリ地震も含めて、思うこと) [カミタク・ブログ]
 本日は、平成23年(2011年)3月11日に起きた東日本大震災(東北地方太平洋 [続きを読む]

« 3月20日のメロンパン | トップページ | 3月21日のパン »