フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 4月12日のメロンパン | トップページ | 4月13日のメロンパン »

2011年4月13日 (水)

99.9% は仮説 思いこみで判断しないための考え方

AKBコンサートの往復のbullettrainで、久しぶりに本を読んだ。以前、ベストセラーになったときに、

読んだものと思っていたが、実は初めて。

科学の99.9%<br />
 は仮説

竹内薫先生の光文社新書のベストセラー。この本の凄いところは、一般に受け入れら

れている、科学は真理であるという説を覆し、科学はその99.9%が仮説によって成り立

っているという本音を述べている点。大体、飛行機が飛ぶ原理でさえ、いまだ、専門家

の中でも、諸説あり、定まっていないらしい。諸説あっても、飛んでいるから、それでいい

のだ・・・・というのが真相らしい。

地震、津波、原発事故などの予測がいろいろ言われているが、この本の考え方による

と、いずれも仮説の上で成り立っており、科学者たちの間にも絶対に真などないのだろう。

100%がないなら、それをやらずに済ますか、不十分でもなるだけベターなものでよしとす

るか、最終的には自分たちの生活との歩み寄りで決めるしかない。ホリエモンはブログの

中で、それを99.9%のジレンマと呼んでいる。こちらも目を通して頂きたい。

99.9%のジレンマ 六本木で働いていた元社長のアメブロ2011-3‐30

« 4月12日のメロンパン | トップページ | 4月13日のメロンパン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/39602103

この記事へのトラックバック一覧です: 99.9% は仮説 思いこみで判断しないための考え方:

« 4月12日のメロンパン | トップページ | 4月13日のメロンパン »