フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 7月2日「麻里子さまのおりこうさま」のお題 | トップページ | 「デンキのかわりにゲンキをあげるスペシャル」 麻里子さまのおりこうさま! »

2011年7月 2日 (土)

「言葉の力」 猪瀬直樹

しばらく、まとまった時間が取れなかったが、今日、久しぶりに本一冊を読み終えた。

Dsc01472

現東京都副知事、猪瀬直樹の新刊「言葉の力」である。

道路公団の民営化推進委員会の委員や、都副知事、メディアでの評論という政治的な
イメージが強かったせいか、この人の著書は食わず嫌いで、今まで読んでいなかった。本著の中で、東日本大震災後のソーシャルメディアの活躍、政府による民衆に届かない無味乾燥な官報、「ハーバード白熱教室」がなぜ現在うけるのか、などにつき、言葉の力という観点から解明している。最終的に、現在の日本人は、世界の各国と比較して、特に「言葉の力」が低下しており、それが国力の低下につながっていることを憂え、国力の回復には、「言語を使う技術」の教育の促進と読書のすすめが、効果的であると、締めくくっている。そのため、東京都の多くの区では、「ブックスタート」と言って、生後3カ月の乳幼児に絵本や図書館登録カードをプレゼントし、子供が小さいうちから、親に読み聞かせをしてもらうという取り組みもしているらしい。

ブログを書きながらも、私自身、言葉の力の乏しさにいつも嘆いており、いい反省となった。

猪瀬直樹Blog 出版社がつくってくれた赤プリ図書室。6月30日閉鎖だが移転先でも。

« 7月2日「麻里子さまのおりこうさま」のお題 | トップページ | 「デンキのかわりにゲンキをあげるスペシャル」 麻里子さまのおりこうさま! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/40645461

この記事へのトラックバック一覧です: 「言葉の力」 猪瀬直樹:

« 7月2日「麻里子さまのおりこうさま」のお題 | トップページ | 「デンキのかわりにゲンキをあげるスペシャル」 麻里子さまのおりこうさま! »