フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 北朝鮮で少女時代のダンスが人気 | トップページ | 被災地で医師を詐称 男を逮捕 »

2011年8月18日 (木)

「新・堕落論」 石原慎太郎

先日、全閣僚が靖国神社に参拝をしなかったことを「あいつら、日本人じゃねえんだ」

どなりつけた、あの方の新刊である。タイトルの副題からも、内容は予想を裏切らない。

Photo

私のような、文才のない人間が書評すると、本人からお叱りを受けそうではあるが・・・

一章「平和の毒」、二章「仮想と虚妄」と大きく分かれている。一章は戦後日本の政治観、

二章は仮想世界で戯れる現代人への警告、がテーマである。私の頭が悪いせいか、

久しぶりに、よみづらい新書に出会ったという感じである。昔、「太陽の季節」を書いた

同著者によるものとは、思えない。当時の道楽若者も、年負いて頑固オヤジになった

せいなんだろうか。でも、石原慎太郎って、もう79歳なのに、未だに爺さんというより、

オヤジって感じなのは、常に戦っているからだろうか?その点は、頭が下がる。

革命はいつもインテリが始める 石原慎太郎 新・堕落論

« 北朝鮮で少女時代のダンスが人気 | トップページ | 被災地で医師を詐称 男を逮捕 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/41268391

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・堕落論」 石原慎太郎:

« 北朝鮮で少女時代のダンスが人気 | トップページ | 被災地で医師を詐称 男を逮捕 »