フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 橋下市長、「ほんまや」生産中止を指示 | トップページ | 「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」#3 杉原杏璃 »

2012年1月28日 (土)

映画「DOCUMENTARY of AKB48  Show must go on」

昨日より風邪気味だったため、しょうが湯を飲みながら、一晩、ゆっくり寝たところ、

大分、体調が回復した。厚着をして、昨日より上映の「DOCUMENTARY of AKB48

第二弾「Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」を観に行った。

土曜日ということもあって、結構、客の入りは多い。

Photo

昨年の第一弾は、AKB48の中でも知名度の高いメンバーの各人に、照準を合せて、

インタビュー形式で話が進んでいき、過去一年を振り返るという作りであった。

そのため、選抜以外のメンバーで実質、映画で記憶に残ったのは、横山由依だけ

だった。今回のものは、この一年に、AKB48というアイドルグループに起こったことを、

メディアで報じられていることとともに、その舞台裏により力点を置いて、振り返るという

手法で進んでいく。去年を語るのに抜きではいられない、東日本大震災の現場から

映画は始まる。選抜総選挙、西武ドーム初コンサート、じゃんけん選抜、

日本レコード大賞、紅白歌合戦出場と休む間もなく突っ走った一年であったが、これだけ

有名になりながらも、地道に被災地での復興支援イベントも欠かさず行なっている

最後に、今回、仙台で被災した後に、研究生になった岩田華怜が、岩手県の復興支援

ライブに行って、堪えられずに泣き出すシーンには、観客としても感極まった。

自分たちのやれる形で復興を支援するというひたむきさ、これを見ると、AKB48は、

この一年で「会いに行けるアイドル」から、「会いに来てくれるアイドル」へとさらに、

進化したのではと感じた。

Photo_2

あと、今回の映画では、昨年、新たに結成されたチーム4のこの二人が、印象に残った。

みなるん、こと大場美奈は初代キャプテンであったが、まもなく過去の異性との交遊騒動

で謹慎となり、初回公演は代行はるぅ、こと島田晴香の元で行なわれた。

その後、謹慎が解かれ、年明けより再び大場がキャプテンに戻るのだが、それが決まった

時の、島田の素直に喜べない表情が、強い結束を持ちながらも、お互いが

食うか食われるかライバルという過酷さを物語っていた。こういう、人間臭さ露出

ドキュメンタリーならでは。是非、観に行くべし!

“Documentary of AKB48” to be continued

« 橋下市長、「ほんまや」生産中止を指示 | トップページ | 「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」#3 杉原杏璃 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/43906036

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「DOCUMENTARY of AKB48  Show must go on」:

» ”Documentary of AKB48” to be continued [ケンケンの独り言]
 昨日、[E:hospital]泊まりで、2時間おきに起こされ、9時に勤務が空け [続きを読む]

« 橋下市長、「ほんまや」生産中止を指示 | トップページ | 「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」#3 杉原杏璃 »