フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 「主体性は教えられるか」 岩田健太郎 | トップページ | 三日月屋のクロワッサン »

2012年6月26日 (火)

「なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか」 中本千晶

AKB48の話題がしばらく途切れているところで、書評を。残念ながら、私はまだ一度も

観に行ったことがないのだが、宝塚歌劇について書かれた新書を読んだ。何故、この本

を選んだかというと、私の好きなAKB48宝塚歌劇団の間に酷似するところがあり

それが、現在のAKB48のブームに一役買っているのではという認識を確かめたかった

からである。

Photo

宝塚を支えるファン層は95%以上が女性、それも親子、さらには3~4世代にわたり

ヅカファンという家ぐるみのものも珍しくない。一方、AKB48を支えるファンは

アイドルヲタと呼ばれる男性ファン(但し、女性もいる)と、人気が出だしてからメデイアを

通じてファンになったその他大勢である(私は後者である)。どちらにしても、

専用劇場を持つ連日の公演何組かのチームに分かれて公演を行なっている

という共通点を持つ。

違いといえば、宝塚歌劇団は宝塚音楽学校という最難関のお嬢さん学校で教育を受ける

必要があること、演劇とショーがメインであること。一方、AKB48は、言うまでもなく、

秋元康劇場公演のために書き下ろした曲をアンコール含め16曲、途中、

MCも交えながらダンス付きで歌うという点である(セット公演)。

すでに生誕100年になろうとする宝塚歌劇団から見れば、AKB48はまだできて7年

これが一ブームに終わってしまうのかどうかは、現在のところ、何とも言えないが、

今後、人気が落ちようとも、AKB48劇場での公演を続けていけば、そのうち一文化として

根付くかもしれない。大衆を意識しながらも、意識しすぎず、独自のマンネリを続けて

いくこと長く愛される秘訣かと考えられた。

« 「主体性は教えられるか」 岩田健太郎 | トップページ | 三日月屋のクロワッサン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/45887003

この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか」 中本千晶:

» 宝塚歌劇団 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
宝塚歌劇団 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

« 「主体性は教えられるか」 岩田健太郎 | トップページ | 三日月屋のクロワッサン »