フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

AKB48 チームA6th公演 「目撃者」

昨日、無事、部下の発表も成功し、打ち上げは、ご褒美として、AKB48の観劇。

部下は、AKB48劇場はおろか、秋葉原に来るのも初めてらしく、おのぼりさん気分で

写真を撮りながら、いつものあの場所へ到着。さすがに、自分のように、

何度も来ていると、大体、手はずは分かっているので、チケットの購入から、入場までが

ツアーコンダクター並みにスムーズである。ちなみに、今日で、劇場の中に入るのは、

5回目で、そのうち、AKB48が3回、解散したSDN48は2回である。

Akb48a

いよいよ、待ちに待った、入場の順番を決める抽選である。いくら、若い順位であっても、

ここで、うまく当たらなければ、前の方では観れない。以前、SDN48で、遠方席が当選した

時以外、いつも、ここで、後まで順位を呼ばれずに、結局、最後列で立ち見となり、背伸び

して、他の客の頭の間から観るというのが定番になっていた。

しかし、部下のビギナーズラックも手伝ってか、な、な、なんと・・・・2番目に呼ばれ、入場。

つまり、最前列の次の席で観られるってこと。迷うことなく、二本柱で視界を遮られない

中央の2番目の席をゲット。

出演者からは、約3~4mしか離れていない相撲で言えば砂被り席、プロレスなら

悪役レスラーがなだれ込むような席である。メンバーの顔色や吹き出物まで見え、

しょっちゅう、目が合うので、本当、逆にこちらが照れてしまう。(/ω\)ハズカシーィ

今日、数えただけでも、多田愛佳片山陽加高城亜樹中田ちさと前田亜美光宗薫

の6人と目が合った。そのうち、握手会に3回行った、はーちゃん、こと片山陽加は、

気付いたのか、微笑んでくれて、この上ない至福。あーみん、こと前田亜美に至っては、

ウィンクまで頂いて、もう、完全にノックアウトpunch

ただし、今日は、チームAの顔と言える、前田敦子篠田麻里子高橋みなみ小嶋陽菜

といった選抜メンバーが全員休みだったのが、ちょっと残念。まあ、ここまでツイていれば、

それは贅沢な悩みだろう

いつものごとく、前座ガールズの曲より始まり。「ミニスカートの妖精」

その後、overtureからそのまま本編へ。

1、目撃者

2、前人未踏

3、いびつな真珠

4、憧れのポップスター

5、腕を組んで

6、炎上路線

7、愛しさのアクセル

8、☆の向こう側

9、サボテンとゴールドラッシュ

10、美しき者

11、アイヲクレ

12、摩天楼の距離

13、命の意味

さらに、アンコールで

14、I'm crying

15、ずっとずっと

16、Pioneer

途中、4と5の間に自己紹介。9と10、12と13の間にMCが入る。

今日は、さらにオマケで、アンコールの最後にニューシングルの「真夏のsounds good

までやってくれて、本当、ラッキー。最後は、出口で、全員にハイタッチで見送られて

2時間20分の夢の世界から現実へ引き戻された。あー、楽しいことって、なんて、

あっという間に済んでしまうのだろうか。

2012年7月27日 (金)

AKB48 チームA公演「目撃者」 当選!

最近、結構、抽選運がついている。たまたま、明日の夕方、東京で仕事があり一泊する

のだが、もし、万が一当選すれば行こうと応募した、明後日昼間の、チームA目撃者

公演に当選。初めて劇場を訪れる部下の分も取れたので、なお嬉しい。

ただし、チームAの選抜メンバーたる、あっちゃん麻里子さまたかみなこじはる

休みのようだ。ちょっと、残念だが、はっきし、贅沢な悩みである。

Photo

期待しないほうが、よい結果が得られるのはよくあること。チームKチーム4に続き、

今回のチームA。あと、チームBに行ければ、AKB48は一通り、制覇することになる。

ここまでくれば、今年度中には達成したい。

2012年7月22日 (日)

ヘルタースケルター

久しぶりに映画を観に行った。沢尻エリカの5年ぶりの復帰作である。

まだ、バブルの頃に、ブームだった、岡崎京子の代表的漫画で、手塚治虫マンガ大賞

受賞作らしい。監督は、AKB48のヘビーローテーションのPVでもメガホンを取った、

蜷川実花

Photo

5年前とは変わることのない沢尻エリカの美しさには息をのんだが、映画の方は

2時間、ちょっときつかった。体にものを刺したり、血を流したりするのは、

映像ではグロテスクになりすぎる。栄光から転落し、破滅していく様は、漫画と違い、

実写にすると、リアルすぎて、生理的な嫌悪感がこみあげてくる

悪趣味な極彩色の部屋と途中に流れるクラシックの曲は、以前、観た

スタンリー・キューブリックの「時計じかけのオレンジ」を彷彿させた。

まあ、観る側にも、精神的に余裕のある時に観る映画であろう。

最後に一句、「欲望のたどり着く先は、絶望である

とはいえ、絶望の淵でも、死なずに生き続けるところが、この作品の救いなの

かもしれない。

2012年7月20日 (金)

祝!! 6万アクセス

いつの間にやら、6万アクセスを達成していた。今週の初めに、AKB48東京ドーム公演の

チケット当選を、アップしたところ、399アクセス/日と、過去2番目の多さ。やはり、AKB48

東京ドーム公演に注目している人が相当数いるよう。最近、毎日ブログを更新することが

難しくなっているが、AKBネタがある時はなるだけ、欠かさずに出すつもりである。

読者の皆さん、今後とも、ヨロシクgood

2012年7月16日 (月)

AKB48 東京ドームチケット当選!!!

AKB48のファンなら、ご存じと思うが、ついに8月24~26日に念願の東京ドーム公演

行われる。ちょうど、この7月11~13日と、AKB48mobileの先行予約があり、

その結果発表が、今日の午後6時であった。 

Akb48

今日は、3連休の最終日というのに、朝から殆ど休憩時間なく働き、それが終わって帰宅。

午後6時を過ぎていたため、あわてて、PCを開いたが、まだ当選と出ていなかった

諦めモードで、文献を読み、終わってから、開けたところ・・・

「~様からお申込みいただいたチケットをご用意しました」とのメールあり。

8月24日(金)の東京ドーム公演、チケット大当たり!bell

いやあ、しんどいこと、つらいことばかりは続かない。こういう、いいこともあるから、

人生、生きてて良かったと思える。

努力は報われないこともあるが、宝くじは買わないと当たらない。

この勢いで、ぜひとも、前田敦子の卒業公演のチケットもゲットしたい。rock

2012年7月15日 (日)

7月15日のメロンパン

1342312795954.jpg

パンの郷、で買ったメロンパン、名前はメロンアップ。中にメロンのクリームが入っている。

残念ながら、表面生地はカリカリでなく、クリームパンの一種である。久しぶりのパンネタ。

2012年7月10日 (火)

2012/7/8 AKB48握手会(後編) 大家志津香、高城亜樹、岩佐美咲

握手会の第3部は午後の2時からである。第2部の終了が12時であるから、休憩時間は

2時間ある。その間、昼食を取り、グッズを見たりして時間をつぶす。会場内では、

ずっとAKB48のPVが流されていて、さらに昨日は、会場内じゃんけん選抜の抽選

行われていたので、飽きることはないものの、ずっと立ちっぱなしで足が棒になる

会場の外には、ベンチもあるのだが、すでに大勢の人間に占拠されており、その上、

荷物や生写真を広げて自分の世界に浸っているものもいる。こういう時こそ、

同じファンとして、なるだけ、多くの人がくつろげるように、つめて座ってほしい

Photo_2

やっと、2時間が経過し、第3部が開始。第3部のメンバーは上の御三方である。3人とも

10秒ずつなので、時間が足らなくなるわけではないが、これが3人とも人気メンバーの

場合は、時間内に回れない可能性も出てくるため、最初からそういう買い方はしないのが

無難である。結局、大家志津香高城亜樹岩佐美咲の順で回ることにした。

Photo_3

まずは、しーちゃん、こと大家志津香( おおや しづか )ミラクル9というクイズ番組で、

いつも珍解答をするメンバーと言えば、知っている人も多いのでは。福岡県出身で、

先日HKTに移籍した、指原莉乃の親友である。彼女は、正規メンバーに昇格した時の

個別握手会で、まだファンが少ない頃、握手する行列がすぐに途切れて、

ただじっと立ったままで待っていて、ついには泣き出してしまったというシーンをテレビで

放送された過去がある。

その後、テレビ放映の影響と持ち前の頑張りもあって、今や、暗い過去もどこ吹く風という

具合に、他のメンバーにも見劣りしないだけの行列ができていた。自分もこの3月まで

福岡県に住んでいたため、地元ネタで話かけたが、あまりよく理解されなかったのか、

事務的に返事された。

教訓その一。10秒でローカル話題は無理。

Photo_4

二人目はあきちゃ、こと高城亜樹( たかじょう あき )

今回、握手するメンバーでは一番、順位が上で、今年は、残念ながら、17位と

たった一位の差で選抜メンバーからもれ、今年はアンダーガールズのセンターである。

去年までは選抜メンバーは21位以内だったものの、今年から16位以内と変更されたため、

本当に残念。そのことについての弁を述べるっきゃない。

「今年は、選抜に入れずに、残念でしたね。来年こそ、入ってください。アンダーガールズの

センター頑張ってください」

「ありがとうございます」

時間が10秒を超えたため、剥がしやに剥がされたが、その時に力を込めたあきちゃ

握力が強かった。彼女は、中高6年間テニスをやっていたらしいが、やはり、

ラケットを握り続けて鍛えた握力は半端じゃない

教訓その二体育会系アイドルの握手には気をつけろ。

Photo_9

3人目はわさみん、こと岩佐美咲( いわさ みさき )AKB48メンバーで唯一、演歌を歌う

子と言えば、お分かりだろう。演歌も歌うけど、ダンスも上手で、去年、忘年会の余興で、

大声ダイヤモンドを踊った時のレッスン動画で踊っていたのは彼女であった。

結構、繰り返して見たので、初めて会った気がしなかった。また、彼女、今年は

総選挙33位でネクストガールズのセンターに選ばれている。

「ネクストガールズのセンターおめでとう。また、去年は、大声ダイヤモンドのレッスン動画で、

勉強させていただきました」

「ありがとうございます。見てくれたんですね、うれしいです」

教訓その三。自分が楽しむためには、まずはメンバーを喜ばせること

推しメンの喜ぶ顔は、ファンにとって最高の癒しであるshine

Photo

2012年7月 8日 (日)

2012/7/8 AKB48握手会(前編)  片山陽加

3か月ぶりに、AKB48の個別握手会に参加。今回は2回目なので、今までの経験を

生かし、少し自分なりに工夫をこらして握手会に挑んだ。

Photo

前回、首から写真をぶら下げて推しメンと握手している人を見かけたので、

100円ショップに行って、ビニールのチャック袋を買って、そこに写真を入れた。

人気メンバーは、顔のついたバッジがあるが、あまり人気のないメンバーでは売られて

いないことも多い。こうやって、生写真を入れて「私はあなたの推しです」とアピールする

と、メンバーに喜ばれること間違いない。また、握手会に必要な握手券や納品書も

一緒に入れられて便利である。上の写真は、最近、私がはまっているはーちゃん、こと

片山陽加( かたやま はるか )である。麻里子さま神推しであることは間違いないが、

人気がありすぎて、握手券がすぐに売り切れるという難点がある。その点、はーちゃん

そこまで人気がないので、必ず入手できる。ちなみに、今年の選抜総選挙では48位と、

ネクストガールズに、ぎりぎり潜り込めた(ネクストガールズとは、今年の選抜総選挙より

つけられた順位で33~48位のメンバー)。

Photo_2

第2部(10時半~12時、受付終了は11時半)には、はーちゃんだけ握手券を3枚ゲット

している。握手券1枚につき、10秒間、握手と話ができる。3枚あれば、合計30秒。

第2部はーちゃんだけなので、一度に3枚使ってしまうより、分けてループする方が、

相手にも認知されやすいのでは、と考えた。まず、1枚を使用。

「もともと、麻里子さま推しでしたが、これからははーちゃん推しになります」

「ありがとうございます」

 これで、時間ですとのコールあり、剥がされかけたので、チャック袋の握手券を見せて、

「あと2枚あるので、ループしてくるね」「待ってまーす」

そのまま、後ろの列に並ぶものの、最初より並んでいる人の数がずっと多い。

1枚ずつで、3回のループを目論んだ、2回目のループの受付が終わったのが、

すでに受付終了時間の15分前で、後ろには2ループ目よりさらに長蛇の列ができており、

3ループは時間切れになると判断。そのまま、2ループ目に2枚、つまり20秒を費やすこと

とした。とっさの空気の読み方が握手会では重要であると痛感。

2ループ目。彼女の出ている、ニコニコ動画の番組「純情通り3丁目2525番地」

今週の話で盛り上がって、終了。やはり、20秒位あると、そこそこ、余裕を持って

話ができる。最近のメデイアでのメンバーの出演番組につき、自分の感想を述べる

のは、相手も乗ってきて、話しやすい。これからの、握手会でのテッパントークにしよう。

Photo_3

純情通り3丁目2525番地vol.64

片山陽加オフィシャルブログ純情通り3丁目

2012年7月 6日 (金)

燃えろ!新日本プロレス  新日マット事件史

プロレスがテレビのメインから消えて長い。自分の小学校の頃は、新日本プロレスは

金曜の午後8時から、全日本プロレスは土曜に夕方から放映され、チャンネルの取り合い

になったものであるが、今は深夜にたまに見かけるか、CSで契約しないと見れない

Photo

一番、プロレスが熱かった時代の新日本プロレスでの名勝負や試合、そして

事件(やらせ?)を編集したDVDが、最近、集英社より毎週、発売されている。

これは、20巻目であるが、どの試合もうっすらと幼少時の記憶にあり、非常に興味が

そそられたので、購入。アントニオ猪木も若く、タイガー・ジェット・シン

ハルクホーガンビッグバン・ベイダーなど、懐かしい外人レスラーがマット狭しと

暴れまわる姿は圧巻。普段、実際の生活で、ガチでできないところを、レスラーに

託して投影するのは、現在のAKB48人気にも通じるところがあるのでは。

2012年7月 5日 (木)

まるっとAKB48 スペシャル3

久しぶりのブログ更新。去年もそうであったが、選抜総選挙が終わるとしばらく、AKBネタ

が希薄になる。というか、総選挙の公示後から結果発表までの1ヶ月間、熱くなり過ぎる

ため、普段の状態に戻った後、手持ち無沙汰に感じられるのだと思う。

Photo

Flash増刊号の「まるっとAKB48スペシャル」。すでに、3回目の出版である。

このシリーズで、あっちゃん、こと前田敦子が載るのは恐らく最終となるので、

特別対談や過去の公演の振り返りなどのスペシャル企画が多かった。

新旧交代期のAKB48を知るのにいい一冊である。購入すべし!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »