フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 「反ポピュリズム論」 渡邉恒雄 | トップページ | AKB48東京ドーム公演前日 »

2012年8月22日 (水)

「にっぽん玉砕道」 野々村直道  勝谷誠彦

最近、ブログの更新をさぼりがちで、ついに10日も空いてしまった。言い訳をしても

仕方がないので「サボってました、ごめんなさい」と反省。先日、読んだ本を紹介。

前回の渡邉恒雄の「反ポピュリズム論」と同じく、三宅久之先生の紹介である。

Photo

「たけしのTVタックル」や、「たかじんのそこまで言って委員会」でおなじみのコラムニスト

勝谷誠彦と、無名の松江第一高校(現在、開星高校)を9回も甲子園に連れて行った

元高校野球監督、野々村直通の対談である。表紙とお二人の人相から、いかにも

左派は寄せ付けない、という先入観であったが、内容はそれを裏切らない、

極めて爽快な硬派教育論であった。

学校教育の荒廃、授業崩壊が叫ばれて久しいが、一番の理由は、教師の権威の失墜

であろう。野々村氏は、本書の中で、「子供の人権は認めない」と暴論に近い発言を

しているものの、その理由に納得。彼は、全校集会で次のようなことをのたもうたらしい。

「お前たちには、人権はない。でも、人格さえできれば、人権は認める

みんなから信用され、相手のことも理解できるような人間になったら、その時に

人権も認める」と。その人格を作るために、学校に通っている・・・

こういう先生に教えを請うた生徒は幸せと思う。

三宅久之の小言幸兵衛  教育に命を懸けよ

« 「反ポピュリズム論」 渡邉恒雄 | トップページ | AKB48東京ドーム公演前日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/46780234

この記事へのトラックバック一覧です: 「にっぽん玉砕道」 野々村直道  勝谷誠彦:

« 「反ポピュリズム論」 渡邉恒雄 | トップページ | AKB48東京ドーム公演前日 »