フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

SKE48 「この日のチャイムを忘れない」

Ske48

SKE48の過去のシングルベストを集大成した新アルバム「この日のチャイムを忘れな

」を購入。私が、AKB48関係のライブで、今まで、何度、応募しても当らない

このグループは、近年、AKB48グループの中で最も人気上昇度が高い思われる。

その証拠に、今年の選抜総選挙でも、かなりの数が、AKB48メンバーを蹴散らし、

食い込んだ。もしかすると、今年の紅白で、単独枠での出場もありかも

2012年9月17日 (月)

第3回AKB48じゃんけん選抜前夜

いつの間にか、明日に第3回AKB48じゃんけん選抜を迎えることになった。

第1回は、チームKの内田眞由美、第2回はチームKの我らが麻里子さま

今度は、第1回に引き続き、誰か無名のメンバーになるのか。

それとも去年に引き続き、選抜メンバーが幸運を勝ち取るのか。

じゃんけんだけに、運だのみ。

Photo_2
今年は、SKEやNMB、HKTといった地方の研究生あたりがセンターになりそうな気が

する。今年は映画館での中継がないのが残念である。

2012年9月13日 (木)

こじはる時計

:Apple Storeから、すぐれもののアプリを購入。その名も、こじはる時計こじはるとは、

言うまでもなく、AKB48の中で恐らく一番の美形、TSUBAKIのCMにも出ている、

小嶋陽菜である。あだ名は、こじはる以外に、にゃんにゃんはるにゃんとも呼ばれる。

Photo

購入額は350円。時刻設定すると、こじはるが「起きてー、いい朝だよ」

「朝のテレビやってるよー」とか、色んなパターンで声をかけて起こしてくれる。

止めるには、ひたすら、こじはる頭をなでなでしないといけない

止めるまでの間、合計3分くらい、頭をなでられたこじはるが、色んなポーズで

画面から話しかけてくれる。こじはる以外のメンバーのバージョンがないのは

残念であるが、こじはるの天然さは、誰にも楽しめる。アプリをずっと起動しておかないと

いけないのが、唯一の欠点である。

iPhoneアプリ こじはる時計  

2012年9月 6日 (木)

祝! 7万アクセス

しばらく、ブログの更新を怠りがちであったが、AKB48効果のおかげで、何とか、7万アクセス

に到達。最近の記事を見ると、ほぼ8割方がAKB48関連であり、ちょっとしたAKBブログの

端役を担っていると思う。今月は、じゃんけん選抜もあり、また、盛り上がるので、

乞うご期待。

2012年9月 5日 (水)

「AKB48白熱論争」 小林よしのり 中森明夫 宇野常寛 濱野智史

最近、仕事と私生活で、時間が取れず、めっきり、ブログの更新が滞りがちである。

前回、NMB48の観劇に行った時に、ジュンク堂で見つけて、やっと通読。book

Akb48

さすが、幻冬舎の本である。AKB絡みの柳の下のドジョウ狙いの本は、多数あれど、

これほど、AKB48の各メンバー、エピソードをないまぜて、語った本はない。

というのも、現在の日本を象徴する、4人の文化人のいわゆる座談会形式で話は進むが、

4人とも、筋金入りのAKB48ヲタである。今年の選抜総選挙での大島優子のスピーチから

発展して、一神教と多神教の社会の違いやポスト・オウムの若者論へとたどり着く。

確かに、AKB48という、世界でも類まれな、長寿一大エンターテインメントの分析は

現在の日本の文明論になるのは自明であろう。断っておくが、最低限、AKB48

選抜メンバーの顔と名前を一致させてから、読むべし。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »