フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« AKB48 新チームK劇場公演当選!!! | トップページ | 増田有華 AKB48を辞退 »

2012年11月26日 (月)

AKB48新チームK ウェイティング公演

2日遅れのアップである。もう、今年に入って、AKB48劇場での観劇も3回目である。

以前と比べて、最近は意外に、当たる確率が上がったような気がするが、それは

気のせいか?普段から、まめに応募しているのが、功を奏しているだけなのか、

それとも、普段頑張っている自分に、AKBの神様が、舞い降りてきてくれているのか。

いずれにしろ、この幸運に、感謝しなければならない。

Akb

この11月より、腕のところに紙の輪っかをはめるのが無くなり、その代り、チケットに

名前が印刷され、さらに入場時にも本人確認をされるようになったようだ

今日は、連休の初日で、さらにAKB48のセンター、コリスこと大島優子の出演日であり、

相当な倍率と予測された。また、今回は、左側の柱で観劇を邪魔されることを除いては、

一応、座ることができたのはラッキーであった。

ちょうど、チーム編成が変わったばかりで、セットリストも決まっていないことから、

過去の劇中曲やシングル曲、姉妹グループの曲を組み合わせた編成の

ウェイティング公演」である。上演された曲は、以下のようだったらしい。

①青春ガールズ

②脳内パラダイス

③最終ベルが鳴る

④スクラップ&ビルド

⑤向日葵

⑥片思いの対角線

⑦嵐の夜には

⑧あなたとクリスマスイブ

⑨Glory days

⑩ただいま恋愛中

⑪ALIVE

⑫オネストマン

⑬走れ!ペンギン

⑭姉妹メドレー

⑮転がる石になれ

(アンコール)

⑯UZA

⑰ヘビーローテーション

⑱ファーストラビット

⑲草原の奇跡

前半の数曲は、AKB48の初期のものであり、タイトルは聞いたことあったものの、

よく知らなかった。ただし、体の小さなコリスのダイナミックな動きが、柱の脇から、

バシバシ伝わってきて、さすが、体育会系のチームKだなと言わせしめる内容だった。

メンツが変わって間もないこともあってか、以前のチームKと少し違和感を感じたが、

前キャプテンの秋元才加からコリスに引き継がれたKのDNAは健在と十分にアピール

できた。今回の公演で、印象に残ったのは、藤田奈那ちゃん、15歳。

研究生からの昇格の子のようだが、先輩諸氏にも怖気ることなく、頑張ってファンに

PRしていた。これからの成長が頼もしいメンバーである。

« AKB48 新チームK劇場公演当選!!! | トップページ | 増田有華 AKB48を辞退 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/47990577

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48新チームK ウェイティング公演:

« AKB48 新チームK劇場公演当選!!! | トップページ | 増田有華 AKB48を辞退 »