フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

増田有華 AKB48を辞退

AKB増田脱退 ISSAは婚約解消

昨日の午前に、YAHOOニュースでこの記事を見たときから、一日、気分が動揺していた。

AKBネタをアップするときは、いつもテンションが上がるのだが、さすがに、

今回は凹んだ。決して、たこやき、こと増田有華は推しメンではないのだが、

AKB48で昔からいるメンバーの中で、特別な存在で期待度が高かったせいだろう。

一番、歌がうまく、、関西弁をしゃべる元気娘。とはいえ、2歳の時には

小児がんにかかっていたといい、その後、治癒して、歌手への夢を歩んできたという

過去を持つ。

Photo

6月の指原と同じく、またもや週刊文春である。この週刊誌は、よほど、AKB48

スキャンダル記事が好きなようである。今回も、もう一人の主役である、DA PUMP

ISSAのマンションにずっと張り込みを続けていたようだ。よく知らなかったが、

ISSAは昨年の12月に福本幸子という女優と婚約していたらしい。その中での、

お泊り騒動であり、それと関係があるのかないのか不明も、タイミングよく、婚約解消と

なっていたというから、不倫⇒婚約解消と考えるのが素直だろう。

まあ、たこやきは、ミュージカルの主役をつかんだあたりから、AKB48以外の芸能活動に

力を入れていて、歌手の道を目指したいという気持ちが強かったから、そろそろ、

束縛から、解放されたかったのだと思う。AKBファンとしては、また一人、

古参メンバーがいなくなるのは、非常に残念であるが、彼女の選んだ道。成功することを、

祈りたい。まあ、男の家から朝帰りしたのが、見つかったために、退団したっていうのは、

イメージダウンではあるが、仕方がない。いずれ、時間が経てば風化することであるし。

くれぐれも、口先だけの軽い男には騙されないようにしてほしい

Photo_2

2012年11月26日 (月)

AKB48新チームK ウェイティング公演

2日遅れのアップである。もう、今年に入って、AKB48劇場での観劇も3回目である。

以前と比べて、最近は意外に、当たる確率が上がったような気がするが、それは

気のせいか?普段から、まめに応募しているのが、功を奏しているだけなのか、

それとも、普段頑張っている自分に、AKBの神様が、舞い降りてきてくれているのか。

いずれにしろ、この幸運に、感謝しなければならない。

Akb

この11月より、腕のところに紙の輪っかをはめるのが無くなり、その代り、チケットに

名前が印刷され、さらに入場時にも本人確認をされるようになったようだ

今日は、連休の初日で、さらにAKB48のセンター、コリスこと大島優子の出演日であり、

相当な倍率と予測された。また、今回は、左側の柱で観劇を邪魔されることを除いては、

一応、座ることができたのはラッキーであった。

ちょうど、チーム編成が変わったばかりで、セットリストも決まっていないことから、

過去の劇中曲やシングル曲、姉妹グループの曲を組み合わせた編成の

ウェイティング公演」である。上演された曲は、以下のようだったらしい。

①青春ガールズ

②脳内パラダイス

③最終ベルが鳴る

④スクラップ&ビルド

⑤向日葵

⑥片思いの対角線

⑦嵐の夜には

⑧あなたとクリスマスイブ

⑨Glory days

⑩ただいま恋愛中

⑪ALIVE

⑫オネストマン

⑬走れ!ペンギン

⑭姉妹メドレー

⑮転がる石になれ

(アンコール)

⑯UZA

⑰ヘビーローテーション

⑱ファーストラビット

⑲草原の奇跡

前半の数曲は、AKB48の初期のものであり、タイトルは聞いたことあったものの、

よく知らなかった。ただし、体の小さなコリスのダイナミックな動きが、柱の脇から、

バシバシ伝わってきて、さすが、体育会系のチームKだなと言わせしめる内容だった。

メンツが変わって間もないこともあってか、以前のチームKと少し違和感を感じたが、

前キャプテンの秋元才加からコリスに引き継がれたKのDNAは健在と十分にアピール

できた。今回の公演で、印象に残ったのは、藤田奈那ちゃん、15歳。

研究生からの昇格の子のようだが、先輩諸氏にも怖気ることなく、頑張ってファンに

PRしていた。これからの成長が頼もしいメンバーである。

2012年11月22日 (木)

AKB48 新チームK劇場公演当選!!!

久しぶりに幸運の女神が微笑んだ。ここしばらく、土日も関係なく仕事で、極度のストレス

状態であったが、たまたま、11月24日に一日、休みをいただけることになり、

もし、運よく当ればとAKB48劇場公演に応募。大島優子が出るらしく、これは、

倍率が高そうと、まあ、最初からあきらめモードで申し込んだ。遠方枠は案の定、落選。

次のモバイル枠で再度、応募したところ・・・

Akb

あ、あ、あ、当り!!!fuji いきなり、目の前に光が差し込んだのは、言うまでもない。

この11月より、AKB48はチーム編成が変更され、演目の記載もされていない。

新チームKのメンバーは下記のよう。

秋元才加、阿部マリア、大島優子、倉持明日香、小林香菜、佐藤亜美菜

島田晴香、鈴木紫帆里、近野莉菜、仲谷明香、永尾まりや、藤田奈那、前田亜美

増田有華、松原夏海、宮崎美穂

新リーダーはコリス、こと大島優子。体育会系のチームKが、新リーダーの下、

どう変わるのか、今から興味津々。これで、年末まで何とか頑張れる。いくぜ、センターpunch

2012年11月14日 (水)

「まるごと一冊AKB48増刊号」 週刊PB2012

一昨年からこの特集を買い始めて3冊目になる。もう、そんな時期になったのかと、時間の

過ぎる早さに驚き。
Akb48
表紙を見てもわかるが、前列の渡辺麻友松井珠理奈島崎遥香以外は、
認知できない。世代交代を意識した作りである。地方グループの進出も目覚しいし、
ますます、ついていくのに、情報収集が欠かせない。心機一転、知識のアップデイト。book

2012年11月 9日 (金)

祝!8万アクセス

いつの間にか、8万アクセスを更新していた。もしかすると、年内に、10万アクセスにも

届きそうである。なかなか、毎日の更新は残念ながら、難しいものの、週1回のアップが

これからの努力目標である。これからもグループアイドル、特にAKB48をメインとした

ブログを続けていくつもり。今後ともよろしくrock

2012年11月 4日 (日)

DVD 純情通り3丁目2525番地

自分のブログでは、AKB48のことはよくアップしているものの、選抜メンバー以外の

メンバーはあまり出てこない。仕方がないことであるが、あれだけ沢山いると、意外に、

自分好みの掘り出しメンバーもいるので、目が離せない。

3

この2人の顔と名前が一致するようなら、AKB48ファンも上級と思う。

二人とも、劇場公演のレギュラーであるが、選抜には一度も入ったことがないため、

メディアで取り上げられることも少ない。

左は4期生で前チームA、この11月からチームK所属の、ちぃちゃんこと、中田ちさと(22)。

右は3期生で前チームA、この11月からチームB所属の、はーちゃんこと片山陽加(22)。

今までも、握手会の報告で取り上げたのでご存じかもしれないが、はーちゃん

私にとっては、麻里子さま次ぐ推しメンである。

このたび、ニコニコ動画の番組「純情通り3丁目2525番地」の名場面の総集編に、

新作「新妻対決」を合わせた、DVDが発売。合計120分、どうでもいい内容であるが、

ファンなら持っていて損はない。秋の夜長に、しばしの妄想でいい夢を見よう。

片山陽加オフィシャルブログ 純情通り3丁目

中田ちさとオフィシャルブログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »