フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月17日 (日)

SKE48チームS 3rd「制服の芽」公演

今週は仕事が忙しく、連日、帰宅が11時ごろとなっていたが、その中で、青天の霹靂、

思いもよらない、幸運の女神が舞い降りた

Ske

夢にまで見た、SKE48の劇場公演のチケットをゲットしたのである。bell

午後から新幹線に乗って、名古屋に行き、地下鉄東山線栄駅で降り、

8番出口をあがると、SKE48のPVを流し続けているモニターがある。

その上にあるのが、本拠地、サンシャイン栄である。その2階に専用劇場

5階にSKE48のカフェ&ショップがある。

Photo

このビル、外から見ると、大きい観覧車が目印である。パチンコの京楽が経営している。

この観覧車に何度か乗ると、SKE48の公演に当たる特典があるという噂を聞いたことが

あるが、どうなんだろうか?調べる価値はある。

Ske48

以前は、SKE48以外も使っていた劇場を、昨年改修し、12月9日に専用劇場が誕生した

らしい。まだ、新しくて、ホヤホヤである。

Ske48_2

これが夢の世界の入り口。ワクワクする

W

AKB劇場と同じく、入り口の通路の壁に、メンバーの写真が額に入れて、並べてある。

チームSのJR、あるいはW松井松井珠理奈、松井玲奈)が隣どおし。

テンションあがってきた~

いつも通り、開場前に番号順に整列し、入場の順番の抽選結果を待つ。

最も、期待と興奮の入り混じるひと時である。一番、最初に別の列が呼ばれた。

まあ、座れたらいいかと、落胆していたら、2番目に自分の列の入場の声がかかった。

ウオ~~~、超ラッキーhappy02。まだ、最前列が空いていたので、すばやく確保。

すーすーすーごい、舞台まで2m弱の距離しかない。

いつも通り、影アナの注意事項の放送があり、次第に興奮が高まっていく(影アナは

木崎ゆりあ、だったよう)。噛みまくっていて、笑を誘った(*゚▽゚)ノ。

照明が落ちていき、いつものようにovertureが鳴り、公演開始。

overtureは「エーケービー48」のところが、「エスケーイー48」と変わっていて、

地方アイドルグループの臨場感を感じさせる。

その後、アンコールを合わせて17曲、計2時間。

途中2回のMCを挟むが、あっという間に楽しい時間は過ぎていく。

1、恋を語る詩人になれなくて

2、合格Kiss

3、アンテナ

4、制服の芽

(MC)

5、思い出以上

6、狼とプライド

7、女の子の第六感

8、枯葉のステーション

9、万華鏡

10、ジェラシーのアリバイ

11、Doubt!

12、仲間の歌

(MC)

13、水のないプール

(アンコール)

14、楽園の階段

15、ピノキオ軍

16、チョコの奴隷

17、手紙のこと

本日の公演メンバーは、チームSから大矢真那、加藤るみ、木崎ゆりあ、鬼頭桃菜、

木下有希子、桑原みずき、菅なな子、須田亜香里、高田志織、中西優香、平松可奈子、

松井珠理奈、矢神久美。また、研究生からは、市村成美、新土居沙也加、二橋春香

松井玲奈、出口陽、北原里英は休みだった。アイドルには比較的詳しい自分であるが、

このうち、顔と名前の一致するメンバーは、数人しかいなかった。

最後に、お決まりのハイタッチ。いつも思うが、メンバーの顔を、目に焼き付けようと思い、

勇んでいくものの、いつの間にか終わっていて、全然、記憶に残っていないのである。

あかりん、こと須田亜香里の笑顔が何とか、思い出せる位であった。

でも、いい笑顔していたな~lovely

SKE48の公演を生で観るのは、これが初めてであるが、なんというか、AKB48よりも

ダンスが力強く、ハートにビンビン訴えかけてくるように思う。

松井珠理奈はセンターであるが、センターといっても、SKE48というショーケースの

一要素でしかない。SKE48自体が、一作品であるという印象を受けた。そのため、

主要メンバーの卒業があっても、意外に、人気が落ちないような気がする。

今年は、SKE48に注目しようと思う。

2013年2月14日 (木)

AKB48ドラマ 「So long!」第二夜

もう、日が変わって、第三夜が始まっている時間帯。昨日の復習である。

Solong

今日はチームKである。言わずもがな、押しも押されぬAKB48センター大島優子と、

次代センター候補、現SKE48チームSセンター松井珠理奈のダブルセンターが

主役。

Photo

泣かせるドラマには3大要素があるらしい。家族難病子供である。ペットを入れると

4大とも言うらしい。このドラマには、優子珠理奈の子供時代も出てくるから、3大要素の

すべてがつめこまれている。

Photo_2

美しい姉。ピアノ科にいるが現在、就職活動中

Photo_6

姉につきまとう?妹。二人の間には、秘密が・・・・見てのお楽しみです。

では、また明日。

2013年2月12日 (火)

AKB48ドラマ 「So long!」 第一夜

第一夜は、チームAのメンバーによるドラマ。ネタバレをする気はないが、昔、見た、

「時をかける少女」を思い出した。といっても、どんな内容かはほとんど思い出せない

が・・・

友達のいない少女が、ラジカセを通して、8年前の時空とつながり、成長していく物語。

Solong

チームAって、たかみな麻里子さま以外、今は、まゆゆこと、渡辺麻友もそうだったん

ですね。今、世界で最もダッフルコートの似合うアイドルと言っても言い過ぎではない。

ドラマの中では、もうすぐ廃部となる放送部の部員である。

Photo

こ、こ、こ、・・・・これはデビューした頃の麻里子さまではないか!!!若い。

たぶん、以前の映像を合成したのだろう。うひょ~~~、可愛い杉lovely

Photo_2

こちらは現在の麻里子さま。19歳にデビューで、現在26歳。大人の女性になったな~~~

どちらの麻里子さま素敵shine

Photo_3

チームAの人気を二分する双璧二人。さーて、結末はeye

Photo_4

最後、麻里子さまの泣き顔に、画面が涙で曇って見えなくなった。crying

さーて、今日は第二夜。明日も、職場で、腫れたまぶたを指摘されそうだ。

2013年2月11日 (月)

AKB48ドラマ 「So long!」

2年ぶりにAKB48主演のドラマが、日本テレビ系列で放映される。前回は、平成23年2月の

「桜からの手紙」で、ドラマのエンデイングが「桜の木になろう」であったのは、まだ記憶に

新しい。今回は、前回よりも短期間で、2/11~13の深夜で、三夜連続らしい。

各夜、チームA、K、Bのメンバーが出演しているようだ。ちなみに放映時間は

2/11 24時18分~25時13分

2/12 23時58分~24時53分

2/13 23時58分~24時53分

オンタイムで見る予定であるが、ダビングも忘れずに!

第一夜は、チームAってことは、麻里子さま!!!楽しみだ======happy02

Imgres

2013年2月 2日 (土)

峯岸みなみが坊主頭で謝罪

最近、AKB48初期メンバーも卒業ラッシュである。多くは円満卒業であるが、一部は

恋愛禁止条例に反した行為が露呈してしまい、解雇あるいは、辞退、左遷という

望ましくない道のりをとる。「Documentary of AKB48」という、過去1年のAKB48

活動を振り返る映画を観ると、出来すぎたやらせのように思われなくもないが、

おそらく来年も公開されるであろうその映画に絶好のネタを提供した動画が一昨夜

YOU TUBEの公式channelに配信された。

一期性のみいちゃんこと、峯岸みなである。TVニュースでも放映されたことから、

その直後より否定的なコメントが圧倒的で、AKB48の運営サイドも経緯に関する、

公式声明を発表するに至ったという具合。AKB48に残りたいが故に、こんな姿で晒される

ことを選んだとはsweat02

これがお茶の間に流れるのを見るのは、ファンとしては正直言って、痛々しく、思わず

涙ぐんでしまった。ブログ主も心が痛むので、あえてリンクは貼りません。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »