フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« AKB48ドラマ 「So long!」第二夜 | トップページ | 「新幹線お掃除の天使たち」  遠藤功 »

2013年2月17日 (日)

SKE48チームS 3rd「制服の芽」公演

今週は仕事が忙しく、連日、帰宅が11時ごろとなっていたが、その中で、青天の霹靂、

思いもよらない、幸運の女神が舞い降りた

Ske

夢にまで見た、SKE48の劇場公演のチケットをゲットしたのである。bell

午後から新幹線に乗って、名古屋に行き、地下鉄東山線栄駅で降り、

8番出口をあがると、SKE48のPVを流し続けているモニターがある。

その上にあるのが、本拠地、サンシャイン栄である。その2階に専用劇場

5階にSKE48のカフェ&ショップがある。

Photo

このビル、外から見ると、大きい観覧車が目印である。パチンコの京楽が経営している。

この観覧車に何度か乗ると、SKE48の公演に当たる特典があるという噂を聞いたことが

あるが、どうなんだろうか?調べる価値はある。

Ske48

以前は、SKE48以外も使っていた劇場を、昨年改修し、12月9日に専用劇場が誕生した

らしい。まだ、新しくて、ホヤホヤである。

Ske48_2

これが夢の世界の入り口。ワクワクする

W

AKB劇場と同じく、入り口の通路の壁に、メンバーの写真が額に入れて、並べてある。

チームSのJR、あるいはW松井松井珠理奈、松井玲奈)が隣どおし。

テンションあがってきた~

いつも通り、開場前に番号順に整列し、入場の順番の抽選結果を待つ。

最も、期待と興奮の入り混じるひと時である。一番、最初に別の列が呼ばれた。

まあ、座れたらいいかと、落胆していたら、2番目に自分の列の入場の声がかかった。

ウオ~~~、超ラッキーhappy02。まだ、最前列が空いていたので、すばやく確保。

すーすーすーごい、舞台まで2m弱の距離しかない。

いつも通り、影アナの注意事項の放送があり、次第に興奮が高まっていく(影アナは

木崎ゆりあ、だったよう)。噛みまくっていて、笑を誘った(*゚▽゚)ノ。

照明が落ちていき、いつものようにovertureが鳴り、公演開始。

overtureは「エーケービー48」のところが、「エスケーイー48」と変わっていて、

地方アイドルグループの臨場感を感じさせる。

その後、アンコールを合わせて17曲、計2時間。

途中2回のMCを挟むが、あっという間に楽しい時間は過ぎていく。

1、恋を語る詩人になれなくて

2、合格Kiss

3、アンテナ

4、制服の芽

(MC)

5、思い出以上

6、狼とプライド

7、女の子の第六感

8、枯葉のステーション

9、万華鏡

10、ジェラシーのアリバイ

11、Doubt!

12、仲間の歌

(MC)

13、水のないプール

(アンコール)

14、楽園の階段

15、ピノキオ軍

16、チョコの奴隷

17、手紙のこと

本日の公演メンバーは、チームSから大矢真那、加藤るみ、木崎ゆりあ、鬼頭桃菜、

木下有希子、桑原みずき、菅なな子、須田亜香里、高田志織、中西優香、平松可奈子、

松井珠理奈、矢神久美。また、研究生からは、市村成美、新土居沙也加、二橋春香

松井玲奈、出口陽、北原里英は休みだった。アイドルには比較的詳しい自分であるが、

このうち、顔と名前の一致するメンバーは、数人しかいなかった。

最後に、お決まりのハイタッチ。いつも思うが、メンバーの顔を、目に焼き付けようと思い、

勇んでいくものの、いつの間にか終わっていて、全然、記憶に残っていないのである。

あかりん、こと須田亜香里の笑顔が何とか、思い出せる位であった。

でも、いい笑顔していたな~lovely

SKE48の公演を生で観るのは、これが初めてであるが、なんというか、AKB48よりも

ダンスが力強く、ハートにビンビン訴えかけてくるように思う。

松井珠理奈はセンターであるが、センターといっても、SKE48というショーケースの

一要素でしかない。SKE48自体が、一作品であるという印象を受けた。そのため、

主要メンバーの卒業があっても、意外に、人気が落ちないような気がする。

今年は、SKE48に注目しようと思う。

« AKB48ドラマ 「So long!」第二夜 | トップページ | 「新幹線お掃除の天使たち」  遠藤功 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/49461540

この記事へのトラックバック一覧です: SKE48チームS 3rd「制服の芽」公演:

« AKB48ドラマ 「So long!」第二夜 | トップページ | 「新幹線お掃除の天使たち」  遠藤功 »