フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

AKB48福岡ドーム公演 当選!!!

先日の麻里子さま卒業発表には、本当にショックを隠し切れなかった。

その後、気持ちを取直し、卒業セレモニーに、参加したいと、7月21日の福岡ドーム

チケットに応募。倍率が高いだろうな、と不安になりながら、一昨日、帰宅してメールを

恐る恐るのぞいて見ると・・・・

Photo

やった!!!気持ちが通じた~~~lovely

夏休みを利用して、麻里子さまに、最後のあいさつをしてきます。その翌日は、

AKB48劇場での卒業公演らしいので、そちらも応募しよう。

2013年6月10日 (月)

第5回AKB48選抜総選挙  想定外のサプライズ

Photo_4

初めて、AKB48選抜総選挙を、実際に行われている現地にて観戦。ところは、横浜の

日産スタジアム。2人の同好者とともに、新幹線で新横浜へ。車中で、予想順位を

それぞれ、話しあいながら、いつの間にか、到着。新横浜から、歩いて、15分くらい

でスタジアムへ。

Photo

まずは、表にあるグッズ売り場や、ポスターの掲示を観ながら、時間つぶし。

梅雨の真っただ中の割には、雨もふらずにいい天気。

Photo_2

いつになく、麻里子さまポスター、本人の姿が小さく、目立たない。思い起こせば、

当日、起こる出来事の伏線かもという気がした。

Photo_3


席はスタジアム2階の座席。さすがに、踊っているメンバーの顔を肉眼で見ることは

できないが、横のスクリーンに映し出されるので、それを観ながら、楽しむこととなる。

3時から開演。今年は、最初の2時間、約40曲歌い、その後、5時半から選抜総選挙に

入るというあんばい。今までなら、総選挙後に5曲くらい、ライブをした後で、終了だった

だけに、非常にお得な企画である。最初から立ち見で、mixを打っているファンも多数いた

が、さすがに自分は体力が続かず、途中から座して観演とした。

総選挙の開票は、5時半より開始。毎年通り、徳光和夫アナウンサーが司会である。

64位からコールされていったが、驚いたことに、AKB48以外のHKTNMBSKE

あまりよく知らないメンバーが次々と呼ばれていく。逆に本家のAKB48のメンバーで

呼ばれないものが、多数いるということで、下克上は新旧のみならず、中央と地方との

でも起こっているということか。印象に残ったメンバーを上げていく。

Photo

今年から、OGも過去に4年以上在籍していれば、立候補可能になったが、そのうち、

唯一に64位に入れたのが、この人、平嶋夏海で、62位。いうまでもなく、1期生で

ありながら、去年の初めに、男性との交遊写真が流出して、解雇されたメンバーである。

以前からのファンが投票してくれたと思うが、本当に寛大だな、と安心した。

Photo_4

新世代、地方グループの台頭のあおりを食って、落ちていく、または圏外にはじき出された

メンバー多数。もっちー、こと倉持明日香もその一人。毎回、20位くらいにいたが、今回は

36位と大きく後退。昔からの中心メンバーだからといって、うかうかしてられないのが、

本音だろう。

Shibata_aya

この人は、今回、速報で上がるまで、知らなかった。SKE48のチームE所属、柴田亜弥

いうらしい。速報で8位で、組織票で最初だけ入ったのだと思っていたが、驚いたことに、

実際の開票で17位。アンダーガールズのセンターに輝いた。前回の選挙では圏外だった

のに、今回は、もう一番、上なら、そのまま選抜入りしていただけに、おっかなびっくり。

Photo_6

決して、順位自体は驚きではないが、やはり、今回の選抜総選挙の印象と言えば、

この方は外せない。去年の感動的なスピーチは万人の心を打ったが、それに対する

一年後の返事、7月での卒業を自ら語った。その時の、スタジアム内の絶叫は、

2位の大島優子が呼ばれた時の数十倍であった

今回の選挙の一番のサプライズは、決して、初センターのさっしーではなく、麻里子さま

だったのは間違いない。

【見やすい】第5回AKB48選抜総選挙2013最終順位結果速報まとめ一覧

2013年6月 7日 (金)

第5回AKB48選抜総選挙 最終予想!

いよいよ、午後3時に投票が締め切られた。私なりに、最終予想をアップする。

1、大島優子

2、渡辺麻友

3、指原莉乃

4、松井珠理奈

5、篠田麻里子

6、島崎遥香

7、柏木由紀

8、小嶋陽菜

9、高橋みなみ

10、松井玲奈

11、渡辺美優紀

12、横山由依

13、板野友美

14、山本彩

15、宮澤佐江

16、北原里英  

はっきり言って、今年は難しすぎる。まあ、神7が崩れるのはほぼ確実であろう。

たかみなともちんは特に厳しいのでは・・・

麻里子さまが、残留するように祈る!!!diamond

この予想、実は、ガイドブックの応募に出し遅れたのだ(。>0<。)

もし、万が一、当たってたら、それこそ、麻里子さまとカラオケに行けたのに・・・

と生まれてこのかた、最も悔やまれることになるだろう。

2013年6月 5日 (水)

乃木坂46 16人のプリンシパルdeux

先週の土曜日、地元大阪で、乃木坂46の公演「16人のプリンシパル」を観劇。

AKB48の当選率から予測して、午後1時からの部と5時からの部の二公演申し込み、

どちらかでも当たれば幸運と思っていたが、幸い(?)なことに、両方が当選。誰か、

観に行きたい人がいればと探すも、いないため、最終的に、計7時間を観るはめになった。

16

16人のプリンシパル」は、一幕と二幕に分かれている。

二幕は、上の写真の右側のチラシにある、「迷宮の花園」という約40分の劇である。

じゃあ、一幕は、というと・・・・

実はこちらのほうが、楽しいのであるが、二幕の劇に出演するメンバーのオーディション

である。劇に出れるメンバーの数は16名。その16名の椅子を、28名のその日のメンバー

が、それぞれ自分のやりたい配役に立候補する。もし、ある役に5名の立候補があると、

1人しか選ばれないので、残りの4名は落選。一方、一名しか立候補していないと、まずは

当選(ただし、足きりもあるよう)。ジャンケン選抜で、運も実力のうち、と当てた、秋元康の

企画がそのまま生かされている。

一幕のオーディションを観客が見て、一幕と二幕の間の投票時間の中で

投票を行い、その役の票数が最も多いものが、劇の出演ができるというあんばいである。

演劇の内容と演じる役者こそが演劇の面白みであるという、硬派なファンにとっては、

殆ど観られたものでないかもしれないが、AKB48とは違った、グループアイドルグループの

売り方としては、非常にユニークな試みである。もう少し、劇の内容のレベルが上がれば、

内輪だけでなく、新規ファンも得られるのではと思う。

Photo

あしゅりん、こと斉藤飛鳥ちゃん、14歳。この子は、まだアンダーガールズにも入れて

いないらしいが、凄いオーラを感じた。この上なく、顔が小さく小柄だが、年長のメンバーの

中でも、ひときわ目立っていた。将来のセンターはこの子で決まりそう。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »