フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月 8日 (水)

乃木坂46個別握手会 in ポートメッセ名古屋 2014/1/5 (後編)井上小百合、松村沙友里 

昨日に続き、後編。今日は、やしきたかじんの死去という速報が入ったせいもあり、

二度目の更新である。傷心冷めやらないが、握手会の新鮮な記憶をアップするには、

時間が経つほど、感動が減るので、もう一息。

第4部は4時半から。この時間帯位から、人がたくさん、集まりだした。この部の握手は、

井上小百合一人だけ。橋本奈々未白石麻衣も応募していたが、あっけなく落選。

やはり、神7ならぬ、7福神の3番以内は、高倍率のようだ。

とはいえ、今回は、選抜からは外れているものの、この子もすごいハイレベルΣ( ̄ロ ̄lll)

Photo

さゆにゃん、こと井上小百合、19歳。こう見えても、第1~6シングルはすべて、

選抜入り(上位16人)していたが、7福神に入っていなかったため、あまり印象に

残らなかったようだ。

K 「あけましておめでとう」

I 「ことよろ~、ことよろ~」

握手した手を大きく振り、元気にあいさつをしてくれた。手についた香水の香が、本当、

いい匂い。lovely

あと一部は、6時半から。既に、4時間以上、待機している。本当なら、この部は、

市來玲奈ちゃんの3枚の握手券も投じる予定だっただけに非常に落胆。

でも、いつも明るいこの子だけは見て、帰りたい。

Photo_2

さゆりん(またはさゆりんご)、こと松村沙友里、21歳。ばりばりの関西人である。

出身は、高校野球でも有名な大阪桐蔭高校で、もともと、看護大学を目指していたらしい。

関西弁の抜けない声で、自分を可愛いと言ってはばからないのも、この天真爛漫な

明るさあってのもの。

K 「さゆりん、応援しとるで。僕も大阪やねん」

M 「ことよろ。声、聞いとったら、分かるわ。応援してな」

大阪弁の応酬が、むっちゃ、楽しいって思えるひと時であった。

麻里子さまはいなくなったけど、まだまだ、アイドルの火は消えそうにない

今年も、このパワーを胸に頑張ろう、と心を新たにした。

K:ケンケン

I:井上小百合

M:松村沙友里

2014年1月 7日 (火)

たかじん死去

このニュースを見て、本当にショック。やしきたかじんが、死去したらしい。

2012年に食道がんを手術し、その後、一時期、復帰したものの、再度、無期限休養に

入っていた。かなり長い期間のため、うすうす、病状は気づいてはいたものの、悲しすぎる。

もう、「そこまで言って委員会」の、歯に衣着せぬMCぶりは聞けない。

関西の生んだ、無二の天才エンターテナー。ご冥福をお祈りします。

タレントやしきたかじんさん死去

乃木坂46個別握手会 in ポートメッセ名古屋 2014/1/5 (前編) 秋元真夏、堀未央奈、深川麻衣

2014年、年明け早々、今年も握手会で幕開け。といっても、AKB48でなく、これが3回目

になる乃木坂46である。前回(第2回目)、行ったのが、2012年の5月14日なので、

約2年ぶりである。あの頃と比べると、AKB48ほどではないものの、アイドルグループとして

は、ももクロに次ぐくらいの人気を博し、知名度もアップしていることから、どのくらいの行列

ができているかと一抹の不安を抱えながら到着。ポートメッセ名古屋という名古屋の

海沿いにある展示場で、名古屋駅からあおなみ線という電車に乗って約25分くらい。

真冬であるせいか、寒さに身が引き締まる。

第一回目に会った、れなりんこと市來玲奈一人以外は、今まで会ったことのない

人気メンバーを、第3部~5部に分けて、それぞれ申し込んだ。このうち、れなりんは、

学校の都合で、急きょ不参加となったcrying。彼女は、結構、推しで5部に3枚買っていただけ

に本当、残念。まあ、今年の4月に大学受験を控えているから、仕方ないか。

受験に向けて、頑張って欲しい。

まず、第3部(午後2時半~4時)である。この部は秋元真夏堀未央奈深川麻衣

3人としておいた。会場内を見渡すと、まだ時間が早いせいもあってか、AKBと比べると

人の数がまばらである。人気メンバーの行列も、折り返しになっていない。

混みすぎよりはいいものの、まだあまり人気がないのかな、って少し残念な気持ち・・・

まず一人目は、まなったんこと、秋元真夏、20歳。普段からテレビで、明らかに

面白そうなキャラで、話す時間を確保したいため、握手券は2枚用意。

自分の番が回ってきて、ブースに入ると、な、な、な、な・・・・んと。eye

Photo

おかえりなさいませ、ご主人様」(とは言わなかったが)

ここはメイド喫茶か、と見間違わんばかりの上記の衣装で登場。

A「あ~~~~この衣装は」

K「メイドさんですよ。お気に召しまして?」

と言って、私ほっぺを指先でつんつんとタッチされた。

ファンの望んでいる妄想を現実化しているアイドル。殆ど、コスプレ会場に紛れ込んだ

かのような様相。最初の一人目ですでに、私のハートが打ち抜かれたのは

言うまでもない。

二人目は、ほりちゃん、こと堀未央奈。岐阜県出身の17歳。お試しとして、1枚。

Photo_2

今回、発売された乃木坂46の7thシングル「バレッタ」で、いきなり2期生からセンターに

抜擢された、シンデレラガール。ちょっと、SKE48の松井玲奈に似ている。

H「あけましておめでとう。新センター頑張ってください」

K「あけましておめでとうございます」

まあ、お決まりの新年のあいさつ。まだ、場馴れしていなさそうであるが、

「乃木坂ってどこ?」で初めて見た時よりは、笑顔も自然になってきたような気がする。

三人目は、まいまい、こと深川麻衣。22歳、静岡県磐田市出身。彼女は同じ地元に住む

ものとしてぜひ、話をしたいことがあったため、2枚を用意。

Photo_3

彼女は、乃木坂で最年長であるが、一度も怒ったことがないらしい。確かに、マリアさま

彷彿させる優しそうな眼差し。そのため、乃木坂で、最も多くのメンバーから慕われている

らしい。彼女の握手は、両手を両手で握ったまま、ブランコのように左右に揺り動かす

スタイルである。握手というより、かーもめ、かーもめをやっているような感じ。

K「今、話題の、ハッピーグルメ弁当と言えば?」

F「どんどん!そういえば、さっきの人に聞いたのですが、どんどんのCM、新しくなったらしい

ですね?」

K「え~~、本当?まだ見たことないけど」

まあ、地元の人の合言葉、お弁当の地元ローカルのCM、でハートをつかむって、

みんな、使い古した定番だけど、さらに新しいバージョンが出ていたとは知らなかった。

個別握手会は、いつも新しい発見がある。この3人の握手、合わせて、たった16分で終了。

これなら、十分、ループできそう、と後悔しながら、残り1時間以上、寒さに震えながら、

ただひたすら、4部と5部を待ちわびた。

K:ケンケン

A:秋元真夏

H:堀未央奈

F:深川麻衣

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »