フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 「心のプラカード」発売記念大握手会inパシフィコ横浜part3 柴田阿弥、須田亜香里 | トップページ | 11thシングル「命は美しい」個別握手会 中田花奈、中元日芽香、樋口日奈、能條愛未、斎藤ちはる »

2015年2月15日 (日)

AKB48「次の足跡」振替大写真会 2015/2/14 in 幕張メッセ

 あのAKB48握手会殴打事件のため延期になっていた大写真会の振替が、昨日の

バレンタインdayに約8か月ぶりに、幕張メッセで催された。前回は2014年6月29日(日)で

あったが、その時は、推しメンだったはーちゃんこと片山陽加が在籍していたため、

握手券を3枚買っていたものの、それについては全部ボツになった。

ちなみに、本来開催される予定の握手会より先に卒業した場合、返品して代金を受け取る

ことも可能なのであるが、それには、握手券と、おまけの生写真、CDの3点セットが

そろっていないとダメ。自分の場合、いつも、握手券を取ったら、自分のCDを1枚取る

以外は、すべて、知り合いにあげてしまうので、いずれにしても無理。記念に取っておく。

 さて、今回は、4部に須田亜香里、5部に小嶋陽菜、6部に小嶋真子と、あと2枚が

当日指名券である。最近、結構、当日指名券が一番の楽しみになっている。今日は、

どんなまだ見ぬダイヤの原石にめぐり会うか~~~happy01

バレンタインdayが振替になったせいか、早い時間帯は比較的、空いていた。

おそらく、こんな日にアイドルのイベントに来る男は、自分も含め、モテない連中かと

想像するが、大体、アイヲタなら、こちらを選ぶのでは、との予測もあり。

 まずは4部、だーすー、こと須田亜香里。先週に続き、2週続けてのため、認知されて

いたらと、甘いことを想像していたが・・・

「今日はバレンタインなので、チョコを渡すっていうシチュエーションにしますか?」

まあ、全員に言っているよな~~

彼女位、人気があると、相当通い詰めて、ループし続けているファン以外は、覚えられない

のは無理がないか。

Photo_13

でも、メイドさんの格好、ハマりすぎo(*^▽^*)o

 大分、時間が余ったので、この部で、一枚、当日指名券を使用。自分からは、握手券を

購入しそうでないメンバーで、かつ最近、気になるというので探すと。そうそう、いました。

昨年の選抜総選挙で、初めて71位と入選し、「ドッキリでしょうか?」と泣いて感謝した、

たなみん、こと田名部生来(たなべみく)22歳。

Photo_8

彼女は、第3期生なので、まゆゆゆきりんはーちゃんたちと同期である。

あと、数少ない、滋賀県民で、滋賀県の交通安全ふるさと大使を務めている。

あまり、メデイアなどには出てこないメンバーであるが、最近では、酒好きを公言し、それを

秋元Pからも認められているレアなアイドルとして知られている。そのせいか、結構、

年配のファンが並んでいる。ブースに入ると、テーブルの上に、徳利おちょこ

置かれてある。

「昼間から、お酒ですか?」

「では、乾杯といきましょう」

AKB48が他のグループアイドルと比べた強みというと、明らかに脇を支える個性の強い

メンバーがいることで、それがまた、いい味わいを出しているところ。ある意味、アイドル

グループというより、殆ど、劇団に近いものがある。選抜に入るいわゆる主役を立てる

には、脇役がいい演技をしないといけない。こういう個性の強いメンバーが、世代が交代

しても、ずっと腐らずに居続けることが、息の長いグループであるためには必要なんだと

思う。

 次は第5部。これは、今日、一番の期待。たぶん、一年後にはいない可能性の高い、

一番、知名度あるメンバーと言えば?

そうです。こじはる、こと小嶋陽菜、26歳。

この8か月の間、彼女が辞めないことをどれだけ、祈ったことか。結構、早い時間帯から

並んだものの、実際に、5部の握手会が始まったのは、約20分遅れ。やっと、こじはる

登場。かなり、疲れているよう・・・体調悪いのかな?

Photo_9

とはいえ、さすが、プロ。写真撮影の時には、満面の笑顔とオーラを放ち、ピース。

ファンたるもの、彼女には、あまり多くを望むべきではない。こじはるは、いるだけで、

すべてが引き立つのだから

「ありがとうございます」最後に握手。この辺りは、頭の中が真っ白で覚えていない。

 ちょうど、第5部も30分経過したため、もう一枚の当日指名券の出番。

以前、上位メンバーからくそがき(KSGK)と呼ばれていたおてんばの元気キャラ、

大島涼花があいていたので選択。

Photo_10

「ありがとうございます。どのポーズで行きます?」

「じゃあ、ピースで」

最後はお決まりの握手で。なんか、想像していたより、大人っぽくなったやん。

 そして、いよいよ、第6部。こじまこ、こと小嶋真子(17)。彼女も先週に続いてである。

今日は、彼女のイニシャル入りの、サッカー公式ユニフォームを携えてきたので、場内で、

着替えた。しかし、自分の前に、すでに同じユニフォームを着た、自分より一回り以上、

年上のおっさんがいることに気づき、気まずいので、少し間に人が並ぶをまってから、

再度、並び直した。

Photo_12
気づかないのか、自分がブースに入る前に、よこの壁に向かって、発声練習らしきものを

していた。意外に、歌はうまそうだ。

「どのポーズします?」

「では、ハートをつくるやつ」

もう少し、指先が近づくことを望んでいたが、まあ、一高校生にそれを望むのは、

大人げない、と気を取り直した。

お決まりの握手で終了。

 外は寒いものの、会場内は、ファンの熱さで、極めてホットであった。

みんな、一時、心を温めて、また、それぞれの生活に戻っていくのだろう。

« 「心のプラカード」発売記念大握手会inパシフィコ横浜part3 柴田阿弥、須田亜香里 | トップページ | 11thシングル「命は美しい」個別握手会 中田花奈、中元日芽香、樋口日奈、能條愛未、斎藤ちはる »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

楽しい報告ありがとうございます(^◇^)
みなさん、顔が小さいですねーΣ(゚Д゚)実際はもっと小さく見えるのでしょうね。
そしてとても可愛らしいです。
会場の熱気がムンムン伝わります。ファンはあったまって帰ったのですね。
こじはるのオーラは別格でしょうか。私は直接の握手をしたことはありませんが、握手会にてこじはるのブースを傍から見たときに、何かキラキラしたものを感じました。今でも印象深いです。

身内では有りませんが、不幸ごとが有り参戦できず申し訳ないです。
もし、行ってたとしたら… こじはる2枚でした!!
川栄は当たってたものの、この手のイベントに復帰することはなくボツになりました。

次の写メ会はなんとかして参ります!!

お久しぶりですscissors
最高のバレンタインデーを過ごされたようですねlovely
ブログは臨場感が伝わってくるので拝読しても楽しいです

10年桜さん。確かに顔が小さいのは、アイドルの最低条件かもしれませんね。こじはるはさすが、モデルをやっているだけあって、スタイルもダントツ良かったです。麻里子さまとも、卒業前に、写真を撮りたかったって悔やまれます。卒業してから、写真会とかないでしょうね。gawkそれだけに、こじはるとの2ショットは、貴重です。

京都府生まれ浜松市民さん、残念でした。こじはる2枚って、もったいないオバケが出ますよ。次回、5月に期待して下さい。

ふぁ〜ちゃん 。そうですね、SNSに無くて、ブログにあるもの。それは、臨場感かもしれません。以前の分から、読み直してみると、一つの自分史になってますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/58948962

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48「次の足跡」振替大写真会 2015/2/14 in 幕張メッセ:

« 「心のプラカード」発売記念大握手会inパシフィコ横浜part3 柴田阿弥、須田亜香里 | トップページ | 11thシングル「命は美しい」個別握手会 中田花奈、中元日芽香、樋口日奈、能條愛未、斎藤ちはる »