フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 欅坂46握手会初参戦!part1 今泉佑唯、土生瑞穂、織田奈那 | トップページ | 欅坂46握手会初参戦!part3 齋藤冬優花、石森虹花 »

2016年12月19日 (月)

欅坂46握手会初参戦!part2 平手友梨奈、長濱ねる

 ちょうど、隣のブースで乃木坂46の全国握手会をやっていたこともあり、3と4部の

間、乃木坂46のofficial goods売り場を見に行った。さすが、乃木坂46の槁本奈々未

卒業が間近の握手会だけに、相当な人出である。ファンの人の持ち物を見ると、乃木坂と
欅坂の握手会にダブルで参加している人もかなりいるようだ。
 
 4部は、欅坂46のセンター平手友梨奈と、ひらがなの「けやき坂46」センターの
長濱ねるの2人だけにした。2人にしたのは、二人ともセンターで、最も人気があるように
思い、3人目を選んだら、握手できなくなる可能性があると睨んだからだ。よく知らない方
のために説明すると。ひらがなの「けやき坂46」とは、難しい漢字のいわゆる「欅坂46」の
下位にあたるグループである。乃木坂46でいうなら、アンダーガールズと呼ばれている
ものである。新シングルが発売されれば、下位グループから突然、選抜され光が当たる

可能性もある。その逆に、上位グループから落ちるものがいるのも、グループアイドルの

悲しいサガである。
 
 前置きはこのくらいにして、第4部。てち、こと平手友梨奈ちゃんに先に行こうと決意。
芸能人は、目が一番の命と思うが、過去に見てきたアイドルの中で、この子ほど、
目が物を語っている子はいないと思う。彼女の目の奥の光をこの目で確かめてみたい。
eye
Photo_3
出典:https://hustlepress.co.jp/keyakizaka46_45/
ケンケン)「紅白出場おめでとうございます」
てち)「ありがとうございます」
もう少し何かを言いたかったが、目力に圧倒されて、それ以上、言葉が出なかった
顔が小さくて、思った以上に背が高い。まだ15歳なので、ますます、成長していくだろう。
今のところ、この子ひとりだけが目立つ欅坂46が、今後、どういう風なグループアイドルに
育っていくのかが、若干、不安でもあり、楽しみでもある。
 
 まだ、AKB48や乃木坂46と比べると、知名度でも劣るせいもあってか、予想は外れ、
混雑なく終わり、次はねる、こと長濱ねるちゃんである。
Neru
出典: https://hustlepress.co.jp/keyakizaka46_45/  
優しい顔つきって、まさにこの子のような顔を言うのだろう。おそらく、今まで、悪いことを
したことがない子なのでは?と、思わせる。彼女は、AKB48で僕が推しメンだった、
篠田麻里子と同じく、1.5期生である。どういうことかというと、1期生、2期生という正式な
選抜試験を経ずに受かったということである。詳細は以下に譲る。
by Wikipedia
欅坂46の1期生オーディションを受験し、長濱は1次審査・2次審査を順調に突破。両親は「受かるはずがない」と軽く考えていた。「自分にチャンスがあるなら、絶対にアイドルになりたい」という決意を胸に3次審査、最終オーディションのために東京へ向かう。長崎から上京する際、母親は長濱に「最終的には3次審査に落ちても受かってもその日の飛行機で帰って来なさい。もし受かっても辞退して帰って来なさい」と約束。しかし3次審査に合格すると「ここまで来て辞退は嫌だ」という思いで翌日の最終審査を受ける決意を固める。しかし母親は娘の決意を認めず、翌朝、長崎へ娘を連れ戻すために上京。長濱は有無を言わさず長崎に連れ戻され、最終オーディションを受けることができなかった長崎の自宅に帰宅すると、悔しくて泣きじゃくる。そんな長濱の様子を見かねた父親が運営スタッフに相談。相談を受けたスタッフは両親と本人を福岡国際センターで行われていた乃木坂46のコンサーに招待した。そこで乃木坂46メンバーの父親のコメント映像を観てそれぞれの家庭でも悩みながら娘を送り出していることを知り、また歌い踊るメンバーが輝いている姿を観て、両親は「娘を後押ししよう」と気持ちが変化。両親はコンサート終了後、「娘にもう一度チャンスをあげて欲しい」と申し出、運営スタッフによる話し合いの結果、3次審査まで高い評価を得ていた長濱を特例として欅坂46に加入させることが決定した。
 こういういきさつは、結構、ジーンと来る。本人のことはさることながら、親の気持ちも
十分なほど、理解できる。
ケンケン)「紅白出場、おめでとう」(今日、何度目の言葉なんだろうか?)
ねる) 「ありがとうございます」
握手から剥されながら、「過去はいろいろ大変だったけど、頑張って」と親の気持ちを代弁しそう
になってしまった。

彼女がセンターで歌う「乗り遅れたバス」という、曲は、彼女の実話のようです。

« 欅坂46握手会初参戦!part1 今泉佑唯、土生瑞穂、織田奈那 | トップページ | 欅坂46握手会初参戦!part3 齋藤冬優花、石森虹花 »

欅坂46」カテゴリの記事

コメント

長濱ねるの加入までのエピソードは勉強になります!!

京都市生まれ名古屋市民さん。いい話でしょう。彼女たちも、順風満帆ではなく、日々、何らかの葛藤と戦いながら生きているのだと思うと、自分も頑張ろうって気になりませんか?と、言い訳しながら、アイドルの追っかけを止められない中年男性でしたcoldsweats01

平手さんは面と向かうと言葉出ないでしょうね‥
ねるさんのウィキペディア勉強になりました⭐️
親子の葛藤はドラマですね。
ウィキペディアの情報収集力の高さにも驚きです(⌒-⌒; )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/68910860

この記事へのトラックバック一覧です: 欅坂46握手会初参戦!part2 平手友梨奈、長濱ねる:

« 欅坂46握手会初参戦!part1 今泉佑唯、土生瑞穂、織田奈那 | トップページ | 欅坂46握手会初参戦!part3 齋藤冬優花、石森虹花 »