フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 二人セゾンの聖地巡礼 | トップページ | 欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part2 鈴本美愉、石森虹花 »

2017年5月30日 (火)

欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part1 佐藤詩織、尾関梨香、長沢菜々香

今回の個別握手会は、第3部~5部とした。一部が1時間半でその後に30分の休憩がある

から、3部合わせると、合計6時間、立ちっぱなしなので、結構、体力勝負である。
以前は、もっていた体力も、最近では、3部消化すると、どっと疲れて翌日まで何も
する気が起こらなくなる。とはいえ、何とか、終わった後の達成感と、その後の充実感が
ために、参加せずにはいられない。今回のメンバーは、7名で、前回とダブった一人を
除いて、6人は初お目見えの方ばかり。早速、紹介。
まずは第3部。しーちゃん、こと佐藤詩織ちゃん、20歳。現役美術大生で、ドラマ
「徳山大五郎を誰が殺したか」でも、文化祭の立て看板を一人で描いていたのが印象的。
このたび、ロッテのガム「キシリッシュ」の背景をデザインしており、一芸に秀でたメンバー
である。また、バレーを11年間習っていて、そのスキルを買われて、二人セゾンでは
最前列で踊ることになった。
Photo
「キシリッシュのデザイン素敵ですね」
「ありがとうございます」
殆ど、これだけで、3秒経過し、あと、もたついている間に剥される。美形のメンバーは、
緊張を誘い、何を話そうか、頭が真っ白になる。今後の課題である。
二人目は、りーちゃん、こと尾関梨香、19歳。「欅って、書けない」の中の体力テストで、
変な走り方で、一躍、ブレイクしたバラエティ向きのメンバーである。ただし、
見た目は、乃木坂46の生田絵梨花に似ており、実際、本人の尊敬する人物もいくちゃん、
その人である。たまたま、直前に見ていたブログの写真から話の花が咲いた。
Photo_2
「昨日のブログのドレッシング、リケンのうま塩でしょう?」
「そうですよ」
「僕も好きなんや」
笑顔で握手しながら、「わー、一緒だ~~~」(すぐに剥される)
Photo_3
試験と同じで、直前のにわか勉強が役に立つことってある、最後の1秒まで諦めないこと
が必要かなって納得。その日、一番の充実握手だったのは言うまでもない。
3人目は、なーこ、こと長沢菜々香、20歳。山形県出身で、見た目は素朴な面影で
あるが、けやかけ(欅って書けない、の略称)とか観ると、かなりの不思議キャラである。
また、この日は、20歳の生誕祭があったために、結構、握手の行列が長く、思った以上に
中毒性のある人気を博しているよう。
Photo_4
「20歳のお誕生日おめでとう!」
「ありがとうございます」
その後の言葉がつながらなかったせいか、首からぶら下がっていた写真ホルダーにある
今泉佑唯の写真を見つけ、「ずーみん、休んでいて残念でしたね」
しくじった・・・アイドルに気を遣わせてしまった・・・・と反省したのは言うまでもない。
(続く)

« 二人セゾンの聖地巡礼 | トップページ | 欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part2 鈴本美愉、石森虹花 »

欅坂46」カテゴリの記事

コメント

みなさん美人ですね😲
握手会は反省する事も多いですよね。。。
目の前にすると変なテンションになってしまいます。
私も前田敦子さんの時はしょーもないコメントしてました😓

やはり、たった5秒とは言え、べっぴんさんを目にすると、頭が真っ白になってしまいます。何十枚と握手券を買う人って、殆ど、wikipediaの情報と、出ている番組とか全てを暗唱でもしてるのかしら?って思いますね。coldsweats02

実質的に何秒の世界の勝負って感じが凄く伝わりますね。
握手しに行く側にも芸が求められるなと思わされます。
現場での数秒よりも時間をかけて準備し、ミスった〜ってときもあれば、想像以上に良かったとか、そして、現場の数秒よりも遥かに時間かけて反省する。
そこに自分の想像を超えた相手から与えられる圧力とかが加わり、準備してた物が出せないとか。
握手会はある意味で格闘技みたいなもんかもしれませんね。

京都市生まれ名古屋市民さん。ご無沙汰しております。アドリブと言っても、普段の情報収集がないと、太刀打ちできないですね。特に相手によって、戦い方を変えるとか、個別の戦闘方法が必要になりますから。深夜にやっている、こういうアイドルグループの出ている番組の視聴率を稼ぐための、秋元Pの作戦なのでしょう、自分はそれに踊らされているだけの気もしますが、それはそれでいいのかなと思います。full

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455847/70719266

この記事へのトラックバック一覧です: 欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part1 佐藤詩織、尾関梨香、長沢菜々香:

« 二人セゾンの聖地巡礼 | トップページ | 欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part2 鈴本美愉、石森虹花 »