フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part2 鈴本美愉、石森虹花

昨日に引き続き、第4部の報告。こちらは、2人だけであったが、お初を1枚、

もう一人は推しメンを3枚で臨んだ。
一人目は、すずもん、こと鈴本美愉(すずもとみゆ)、19歳。
Photo
この子を初めて見た時、体と比較して、顔がとにかく小さいことに驚いた。
身長も155cmと決して大きいわけではないが、サイレントマジョリテイーでのダンスは、
てちを除くと、一番目立っていた。顔立ちがきりっとして、佐々木希の10代って、たぶん、
こんな顔をしていたのではと想像していた。何を話そうかと、列待ちで、並んでいたときに
考えていたところ、結構、けやかけ(「欅って、書けない」の略)で、変顔をやっているのが
受けていたので
「いつも、変顔してくれるのを楽しみにしています」
「そうですか、ありがとうございます」
少し微笑んでいたが、心からではなかったよう。変顔を褒められてもね・・・・
もう少し、話すことを考えておけば良かったと反省。(;´д`)トホホ…
二人目は、にじか、こと石森虹花、20歳。以前のブログを見てもらうと分かるが、
彼女との握手は2度目である。いわゆる、推しメンにあたる。今日は生誕祭らしく、
握手の行列のところの床が飾られていて、ところどころ、犬の足跡みたいなマークが
押してあった。彼女は、非常に犬好きで、将来は、保健所での犬の処分0を目指して
いきたいとの夢があるらしい。彼女の画像を検索すると、動物と一緒に写っているものが
多く、その時の写真が一番、緊張がほぐれた屈託のない笑顔である。
Photo_3
握手券は3枚。あまり混んでいなかったので、1枚と2枚をそれぞれ、分けて時間差で
使うこととした。
1枚目  生誕祭のせいか、白のワンピースを着ている。色白と清楚な感じがマッチ。
「誕生日、おめでとうございます」「ありがとうございます」 と定例のご挨拶、で剥し。
2、3枚目
「指が細くて綺麗ですね」「えー、そうですか、嬉しいです。今日は、キラキラのネイルを
つけているから・・・」
まもなく、剥されたが自分も犬になりたいな・・・と考えたのは言うまでもない。
久しぶりの握手会。やはり、普段から、情報のアップデイトが必須であると感じた。
(続く)

2017年5月30日 (火)

欅坂46 第4thシングル「不協和音」発売記念握手会part1 佐藤詩織、尾関梨香、長沢菜々香

今回の個別握手会は、第3部~5部とした。一部が1時間半でその後に30分の休憩がある

から、3部合わせると、合計6時間、立ちっぱなしなので、結構、体力勝負である。
以前は、もっていた体力も、最近では、3部消化すると、どっと疲れて翌日まで何も
する気が起こらなくなる。とはいえ、何とか、終わった後の達成感と、その後の充実感が
ために、参加せずにはいられない。今回のメンバーは、7名で、前回とダブった一人を
除いて、6人は初お目見えの方ばかり。早速、紹介。
まずは第3部。しーちゃん、こと佐藤詩織ちゃん、20歳。現役美術大生で、ドラマ
「徳山大五郎を誰が殺したか」でも、文化祭の立て看板を一人で描いていたのが印象的。
このたび、ロッテのガム「キシリッシュ」の背景をデザインしており、一芸に秀でたメンバー
である。また、バレーを11年間習っていて、そのスキルを買われて、二人セゾンでは
最前列で踊ることになった。
Photo
「キシリッシュのデザイン素敵ですね」
「ありがとうございます」
殆ど、これだけで、3秒経過し、あと、もたついている間に剥される。美形のメンバーは、
緊張を誘い、何を話そうか、頭が真っ白になる。今後の課題である。
二人目は、りーちゃん、こと尾関梨香、19歳。「欅って、書けない」の中の体力テストで、
変な走り方で、一躍、ブレイクしたバラエティ向きのメンバーである。ただし、
見た目は、乃木坂46の生田絵梨花に似ており、実際、本人の尊敬する人物もいくちゃん、
その人である。たまたま、直前に見ていたブログの写真から話の花が咲いた。
Photo_2
「昨日のブログのドレッシング、リケンのうま塩でしょう?」
「そうですよ」
「僕も好きなんや」
笑顔で握手しながら、「わー、一緒だ~~~」(すぐに剥される)
Photo_3
試験と同じで、直前のにわか勉強が役に立つことってある、最後の1秒まで諦めないこと
が必要かなって納得。その日、一番の充実握手だったのは言うまでもない。
3人目は、なーこ、こと長沢菜々香、20歳。山形県出身で、見た目は素朴な面影で
あるが、けやかけ(欅って書けない、の略称)とか観ると、かなりの不思議キャラである。
また、この日は、20歳の生誕祭があったために、結構、握手の行列が長く、思った以上に
中毒性のある人気を博しているよう。
Photo_4
「20歳のお誕生日おめでとう!」
「ありがとうございます」
その後の言葉がつながらなかったせいか、首からぶら下がっていた写真ホルダーにある
今泉佑唯の写真を見つけ、「ずーみん、休んでいて残念でしたね」
しくじった・・・アイドルに気を遣わせてしまった・・・・と反省したのは言うまでもない。
(続く)

2017年5月29日 (月)

二人セゾンの聖地巡礼

久しぶりのブログアップ。最近は、なかなか、強いモチベーションの働きを受けないと体がいうことをきいてくれないので筆不精ならぬ、ブログ無精になってしまう。

一昨日、欅坂46の第4thシングル「不協和音」の個別握手会が幕張メッセであった。
握手会前に少し、時間があったため、二人セゾンのMVの聖地巡礼をしてみた。ネット上にもたくさん、アップされているので皆さんご存知とは思うが、二人セゾンのMVは、幕張と、お台場の大きく2か所で撮影されている。特に全員でダンスする場所は、京葉線の海浜幕張駅北側にある、NTT幕張の階段であるのは、ほぼ常識事項。NTT幕張を探して歩いていくと早速、見つかりました。
Photo
この階段を駆け上がっていくシーンが好きだという人は多く、自分もそうである。
Photo_2
意外に階段が高く、ここでダンスしたら、自分なら転倒して骨折でもしそう。そして、そのまま上がっていくと、見慣れた光景が・・・
Ibm
いうまでなく、全員でダンスする場所です。後ろに写っている近代的な建物は、日本IBMら
しい
Ibm_3

欅ちゃんたちの足音が聞こえてきそうでした。さらに、逆向きにイオンメッセへの通路を見ると、
Photo_3

ゆいぽん(小林由衣)ずーみん(今泉佑唯)が楽しそうにかばんを放り投げている連絡橋がありました。
Photo_4
いやー、聖地巡礼で、心が洗われました。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »