フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポーツ

2012年1月 3日 (火)

ブッチャーついに引退

70歳ブッチャーついに引退・・・痛み止め打ちファイトも

黒い呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャーがついに、プロレスから引退するらしい。

既に70歳であったのに、まだ、現役を続けていたのが、驚きである。馬場や鶴田など、

名ファイトを演じたレスラーの多くは、既にこの世におらず、いても猪木のようにマットには

立っていない。まだ、体重が150kgあり、額から流血して戦っていたというから、本当に

頑丈であった。長い間、ご苦労さまでした。chair

2011年12月21日 (水)

上田馬之助さん 死去

本日、2件目の訃報である。1970年代に、日本のプロレス界で、悪役レスラーとした活躍した

上田馬之助さんが、亡くなられた。享年71歳。15年前に、交通事故で脊髄損傷となり、

その後は車椅子生活だったらしい。リングの外に釘板をしきつめで行なわれた、

アントニオ猪木との釘板デスマッチはかすかに記憶にある。

また、サーベルを振りかざすタイガー・ジェット・シンと、竹刀を振り回す馬之助は

最強のヒールコンビであった。まだ、ゴールデンタイムに放映が行なわれていた、

プロレスの良き時代。今は、テレビの深夜でたまに観る以外は、全くお目にかかることが

なくなった。馬場、鶴田を始め、隆盛期にいたレスラーたちの多くはこの世を去って久しい

が、今の時代に生きてたなら、何を思われていただろうか。

2011年11月26日 (土)

西本幸雄さん、死去

西本幸雄さん、死去=阪急監督などで優勝8回ー91歳

訃報であるが、まだ、生きておられたのかと、逆に驚いた。阪急、近鉄といった、

もともと、弱かった球団を優勝させ、常勝チームに育てた功績は、三原、水原

並び称される。自分の記憶にあるのは、近鉄の監督になって以降であるが、本当に

怖そうな爺ちゃん監督だな、って子供心に感じた。巨人のV9の頃とも重なり、

両リーグ制覇ができなかったのは、本当に残念である。特に、1979年の日本シリーズ、

広島vs近鉄は、勝たせてあげたかった。江夏豊という、プロ野球史上に残る天才投手

に、最後の打者を仕留められた時の、寂しそうな表情が今だに脳裏に焼き付いている。

昭和の名将、墜つ。

Photo

2011年3月31日 (木)

千両役者、カズ

やってくれますね、カズ。自分と同い年とは、とても思えません。涙が出ましたcrying。まだ、震災後で、復興もこれからですが、我々、全ての日本人に勇気と希望を与えてくれたシュートだと思いました。

2011年1月16日 (日)

東京マラソン

東京マラソン
今日は飛行機に乗る前に時間があったんで、皇居の周囲を散策。マラソンの練習コースのメッカと、噂には聞いていたものの、驚いたことに、走っている人が95%を占め、歩くほうが浮いて見えた。そう言えば、来月末が、東京マラソンで、皆さん、最終調整に入っているんだろう。くれぐれも、怪我をしないように、よくウォーミングアップしてから、走ってください〓