フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

経済・政治・国際

2011年7月23日 (土)

宰相不幸社会

菅総理の政策のモットーは、「最小不幸社会」であったはっずだが、最近は巷では、

こういう書き方をされているらしい。KIOSKで「総理、あなたこそ復興の障害です」という

タイトルの本を見つけて購入。

Photo_2

ちょっと、手厳しいと思ったが、まあ、この大変な時期だからこそ、有能な総理大臣に

国の舵取りをしてほしいのが大多数の国民の本音。日本の総理大臣は1年毎変わる

と、国際的にも顰蹙を買っているが、閣内不統一で遅々として政策審議の進まない現内閣

では、変わらないと、日本国自体が復興はおろか、このまま震災とともに沈没しかねない。

同じ与党からも、退陣要求が止まないのは、当然かもしれない。

そろそろ、また、お遍路に旅立たればいかがでしょうか?

2011年7月15日 (金)

脱原発依存「私個人の考え」と菅首相

脱原発依存「私個人の考え」と菅首相=閣僚、唐突表明に懸念も

この総理は、この上なく立派なことを言った後に、言い訳を述べて逃げるのがお家芸

のようである。昨日、現在までの政府のエネルギー政策を180度方向転換する名演説をした

のは、何だったのか。後から、これは、閣僚全員の一致した意見、つまり政府としての考え方

でなく、自分の考えを述べたまでだと・・

総理大臣の発言=政府の発言であるのが、今までの常識だと思うのだが

やはり、Googleの検索通り「菅 無能」なんだろうか?自分の党いや、最低でも、自分

の選んだ閣僚の意見もまとめれないようでは、首相とは言えない。同じく、立派な発言をし

ていた、小泉元総理と一番、異なるのはそこである。自分の発言に酔っているだけにしか

見えない。同じ与党の多くの議員から、退陣を迫られる理由がよく分る。

2011年2月15日 (火)

AKB48の経済学

いきなり、経済学の話で、「何かあった?」と言われそうであるが、タイトルに引かれて買ってしまった。book
私は、山口百恵やキャンディーズに始まる単一アイドル全盛時代から、さらにおにゃんこクラブ、モーニング娘。など束物アイドルと、同時代を生きてきた。その中で、現在のAKB48の独り勝ちには、前々から疑問を感じていたのであるsign02。一体、この不景気の時代に、なぜ、彼女達だけが、こんなにも売れるのであろうか?また、半世紀前に同じく秋元康がプロデュースしたおにゃんこクラブと、何がどう違うのか。また、同じように素人オーディッションから生まれた、モーニング娘。とも、どう違うのか?

Akb
全て、納得の行く解答が、この本には書かれてある。ネタバレにはなるが、結局は、AKB48は、宝塚歌劇団と同じってことなのである。秋葉原=宝塚、AKB劇場=宝塚大劇場、AKBファン=ヅカファンである。マニア、追っかけの投資は、景気の動向に左右されず、少なくとも採算だけは取れる。それが、うまく大化けしたのが、今のAKB48である。

Photo
確かに、AKB劇場内にある各メンバーの写真とか、劇場に張ってあるタカラジェンヌを彷彿させる。ちなみに、これは僕の推しメン、篠田麻里子、通称「まりこさま」である。heart04

事務屋稼業 [][]デフレカルチャーと心の消費―『AKB48の経済学http://d.hatena.ne.jp/JD-1976/20101207/p1

2011年1月18日 (火)

日本とイタリアの首相

今、海外ニュースでは、イタリアのベルルスコーニ首相が、17歳の少女を80万円で買春をしたというのが話題であるが、その他、多数の女性の買春もしていたらしいモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!。
まあ、もともと、イタリアのメディア王で、ACミランの会長もしていた人であるから、鳩山元総理でさえ及ばない大金持ちであろうが、この女好き首相が、戦後、イタリアで最長の任期8年であるという。それに比べて、日本は、以前、確か浅草の芸子さんに三本指を握らせ、「これでどうや?」と迫ったと週刊誌でばらされ、2ヶ月足らずで辞した総理がいた。英雄、色を好むではないが、一国の総理、性欲も人並み外れて高くてもいいのでは、ちゃんとした政治さえしてくれれば。
総理大臣が毎年のように変わるのって、メディアの影響によるのも多々あるが、最終的には、日本人の国民性に起因するのではって、思う。
Photo


2011年1月14日 (金)

菅改造内閣について思うこと

朝のAKBネタから、一転。今回の内閣改造で、一つ日本の政治が進歩した、と思うのは、元たちあがれ日本代表の、与謝野さんを入閣させたことだろう。中国やソ連に侵略され、アメリカにも見放され、景気が冷え込み、失業者のあふれるこの状況で、いまだに与党だ野党だと足の引っ張り合いにあけくれる日本の政治は、はっきし言って、寒すぎるε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
こういう時こそ、与野党の隔たりなく、適材適所に有能な人材を登用すべきなのでは。仮に、共産党であっても、その人がその問題の解決になくてはならないのなら、任命してもいいはずなのだ。それを考えると、いまさら、坂本龍馬って、すごい先見の明があったな、て思う。新政府の組閣の案として、薩長土のみならず、昨日までの敵であった、旧幕府方の役人まで入れたのである∑ヾ( ̄0 ̄;ノ。最終的に、そのために薩摩から疎んじられ、暗殺された、っていう説まであるようだ。
Photo

固い話はこれまでにして、本日の夕食。もずくスープに、5色のサラダ、豚肉とピーマン、しめじの炒め物。あまり、変わりばえしないが、あつあつのご飯があれば、何でもおいしいよね。

114