フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お悔やみ

2012年3月 9日 (金)

山口美江さん、死去

タレントの山口美江さんが急死 51歳

「タレントの」と断りを入れられるのは、あまり本意ではないと思われるが、

元ニュースキャスターで、タレントとしても活躍していた山口美江さんが、亡くなられた。

確か、認知症の父の介護のために、芸能界を引退し、その後は講演活動などをされて

いたという。数年前、「あの人は今?」のような番組に出ていて、若かりし頃と比べて、

とてもやつれた感じであったのに驚いた。今でこそ、英語を流暢に話す女子アナは多数いる

ものの、当時は重宝がられ、バイリンギャルとも呼ばれていた。

心からお悔やみ申し上げます。

2012年2月15日 (水)

マイク・ベルナルドさん、死去

“Kー1四天王”マイク・ベルナルドさん死去 42歳

ここ数日、訃報続きである。最近は、人気に翳りを見せたが、一時期、テレビで、お茶の間を

独占していた、総合格闘技K-1の草創期に活躍した、マイク・ベルナルドさんが

亡くなられた。享年42歳。薬物大量服用による自殺とのこと。先立たれたアンディ・フグや、

引退したアーネスト・ホースト、ピーター・アーツとともに、K-1四天王と呼ばれた。

引退後は、格闘技のコーチをし、後輩の指導に当たっていたようだ。42歳は男の厄年である

が、一体、何が、史上最強の男を、追い詰めたのだろうか。非常に残念である。

お悔やみを申し上げます。

2012年2月13日 (月)

ホイットニー・ヒューストンさん 死去

ホイットニー・ヒューストンさんが死去=ホテルで急死

一日遅れでのアップであるが、世界的な歌姫がまた、一人この世を去った

グラミー賞を6回受賞し、映画「ボディーガード」では、主演を務め、アルバムは1億4000万枚

以上を売り上げ、現存するもっとも売れている女性歌手の一人であった。しかし、

私生活では、元夫のボビー・ブラウンからのドメスティック・バイオレンス、さらに

アルコール・薬物依存で矯正施設に入るなど、順風満帆には程遠かったようである。

マイケル・ジャクソンをはじめ、若くして、大スターたちが亡くなるアメリカの音楽業界事情。

ドラッグ汚染がその背景に大きく存在しているのだろうが、日本も決して対岸の火事では

ないだろう。

2012年2月 9日 (木)

太平シローさん、死去

太平シローさん死去 55歳

また、若い人の訃報が届いた。漫才ブームの時、太平サブロー・シローの、ボケ役だった、

太平シローさんが亡くなられた。享年55歳。1980年代初頭の漫才ブームで、一世を風靡した

のは、ツービート、B&B、紳助・竜介が象徴であるが、他にも多くの漫才コンビが

メディアを席巻した。その中で、サブロー・シローは、二人とも、物真似がうまく、

正統派の漫才をやり、結構、好きだった。最近は、サブローに比べると、シローを見かける

ことは殆ど無かったが、こんな形で報じられるとは極めて遺憾である。ご冥福を祈ります。