フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

演劇

2013年10月 4日 (金)

ミュージカル 「SEMPO」

先週の土曜日(9月28日)、東京でミュージカル「SEMPO」を観劇。実際にお芝居を観る

のは、今から6年前に、劇団四季の「マンマ・ミーア」を観て以来である。

(と書いたものの、実際は、今年の3月に観た「新幹線お掃除の天使たち」も

ミュージカルであった)

昔から、映画でも、芝居でも、ミュージカルが好きである。

ストーリーがあって、途中に音楽と歌が入り、突然、役者たちが踊りだすといった、

現実離れしたシチュエーションが、最も異空間として嵌りやすいからだ。

場所は東京の西新宿の初台にある、新国立劇場中劇場。

この劇場に来たのは、初めて。まだ、比較的新しくきれいで、オペラシティもこの建物に

入っており、東京って、本当に文化施設の裾野が広いな、と感動。

Photo

さては、実は、この芝居、中島みゆき作曲を担当しているとか、吉川晃司が主演をして

いるとか、少し、噂は聞いていたのだが、あまり関心がなかった。しかし、このたび、

極めて、俗っぽい理由で観劇することになった。と言うのは、私のAKB48の推しメンの、

はーちゃん、こと片山陽加が出演しているってことを知ったことである。まあ、入り口が

何であれ、理由がどうであれ、劇と人との出会いも一期一会である。

Sempo

内容は、殆どの方は、ご存じだと思うが、戦前、ヨーロッパで、ナチス率いるドイツ

が台頭し、ドイツに占領された国では、ユダヤ人が迫害を受け、他国への脱出を試みる

のだった。ちょうど、日本はまだ、国連脱退をし、ドイツとの三国同盟がこれからという時代

で、ソ連とドイツの情報を諜報する目的から、リトアニアに領事を置き、そこに赴任してきた

のが、吉川晃司演じる外交官、杉原千畝(すぎはらちうね)である。リトアニアやユダヤの

人には、「ちうね」という発音が難しかったため、自分の名前を音読みで「センポ」と

呼ばせたことから、この劇のタイトルになっている。

ドイツに占領されたポーランドから脱出してきたユダヤ人が多勢、リトアニア領事に、

ビザの発行を求めて集まってくる。千畝は外務省にビザ発行の許可を打診するも、

日本政府は軍部が政治を掌握するようになり、ドイツとの軋轢を避けたいことから、

ビザの発行拒否を命じられる。リトアニアに家族と自分しかいない日本人として、

ユダヤの難民と交流していくうち、日本政府と国際情勢に翻弄されながらも、

人の道を取るか、組織の命令に従うべきか、悩み、最終的には自らの責任において、

ビザを発給するに至った。領事館が閉鎖されるまでの短期間で、6,000人超のビザを

発給し、大量のユダヤ人が海外に脱出するのを助けたことから、

彼は「日本のシンドラー」と呼ばれたらしいが、日本では、外務省の命令に従わなかった

ことから、戦後、事実上のクビとなり、名誉回復がされたのは、死後14年たった、

2000年だったという。

軍国主義の台頭した時代に、組織より人であることを選ぶことは、重罪に値し、

おそらく相当覚悟がいったことだと思われる。教科書にものることのない、

一外交官の決死のドラマ。しかし、あの過酷な時代にも、時代の潮流に流されずに、

人としての道を選ぶ官僚がいたという物語を観ると、官僚に不信を抱くことの多い現在の

我々にとって、本当に救われた気持ちになった。

あと、吉川晃司って、ガタイもでかいし、歌えるし、洋風のミュージカル向きだなって、

感心した。また、はーちゃん千畝の妻の妹役をしていたが、もともと、顔つきが今風で

なく、昭和のマダム的なことから、本当よく似合ってた。、

今回の感想を、2週間後の握手会で話そうって思う。lovely