フォト

最近読んだ本

  • 尾久守侑: 国境とJK (★★★★★)
  • 岩田健太郎: 「リスク」の食べ方-食の安全・安心を考える (★★★★★)
  • 野々村直道 勝谷誠彦: にっぽん玉砕道 (★★★★★)
  • 渡邉恒雄: 反ポピュリズム論 (★★★)
  • 中本千晶: なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか (★★★★)
  • 岩田健太郎: 主体性は教えられるか (★★★)
  • 五木寛之: 親鸞 (★★★★★)
  • 仲谷明香: 非選抜アイドル (★★★★)
  • 小池龍之介: 超訳「ブッダの言葉」 (★★★★★)
  • 「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」 COSMIC MOOK (★★★★★)
  • 三浦博史: AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術 (★★★★)
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

SKE48

2014年2月 4日 (火)

SKE48ドームツアーin 名古屋 2014/2/2

昨日、AKBグループで初の単独ドームツアーを行ったSKE48の名古屋ドームコンサートを

観に行った。確かに、今までのドームツアーは、全て、AKB48のドームツアーに

姉妹グループとして参加という形であった。それがついに、誰の手も借りないで、

あの大きい器に、数万のファンを集めてコンサートをできるようになったとは、感激も

ひとしおである。crying
Photo
名古屋ドームって、大曾根という駅から15分くらいの場所にある。名古屋に疎い人には、

JRより、地下鉄で行った方が、アクセスが良い。まだ、開演の2時間前というのに、

グッズ売り場や、チケット受付は異常な熱気と人、人、人・・・・インフルエンザが大流行する

のもうなずける。今日は、マスクは離せないな。

Photo_2
フェイスブックのSKE48ファン仲間の方に、パンフレットをプレゼントして頂いた。
持つべきはファン仲間と実感。
ちなみに、その人の推しメンは松井玲奈、僕の推しメンは須田亜香里である。
SKE48ができたのが、2008年の7月。専用劇場が出来たのが、2012年12月。
紅白歌合戦も同12月で、2年連続の単独出場。AKB48との一番の違いは、
ダンスがエネルギッシュで、がむしゃらに、一生懸命に取り組んでいるさまであり、
48グループでは随一である。
そのため、推しメンが卒業しても、グループ全体を応援し続ける(いわゆる、箱推し)ファン
が多いらしい。まだ、観たことのない方は、是非とも、一度、劇場公演に足を運ばれたし。
ちなみに、昨日は、特にサプライズはなかったが、過去のシングル曲すべてと、
セットリスト曲、さらに他の48グループの曲もないまぜながら、飽くことなき3時間半が
あっという間に経過。ずっと、掛け声を出し続けたおかげで、今朝は声がかすれていた。
あー、SKE48の若さが欲しい~~~~